つれづれなるままに...
by mahsa
Top
<   2014年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧
映画からヒントを得る
先日聴いた講演では、その講師である佐藤優さんは、ところどころ、その時代を知るには映画がいい!と思い出すのが楽しそうに、何作か映画の作品名を挙げておられた。
たしかに、その時代、その社会、文化・・・を知るには映画はやっぱりすごい。
絵画1枚だけでは、音楽1曲だけではなかなかその時代までを伺うことは難しいが、映画は時代を再現してくれる大切なクリエイティブワークの素材集だ。たとえば、15年前に出会ったパリの観覧車。そこから私のグラン・ルーは誕生した。でもその前からパリという町のことはずっと興味があり憧れであった。とくにモノクロームで表現された19世紀末から20世紀初頭のパリは大好きで、その時代その時代の映画を見ながらその町、そこに生きる人々の美を、魅力を堪能してきた。だからあの観覧車と出会ったとき、映画でも親しんできているパリであるから、すんなり自分のアイデンティティーだと確信することができたのだろう。
映画でノートルダム寺院、エッフェル塔、シャンゼリゼ、そしてコンコルド広場が出てくるだけで、もう自分がその中にいるような気さえしてくる。さまざまな時代の世界、人々の暮らしを知ることで、時代や国を越えた人生についても考えさせられる。
最近、回顧・復刻版のような映画をよく上映し、人も多く集まっている。青春の時代に戻ることを欲するシニア客も多いことだろう。そんなわけで、名画は生涯自分の役にたつ。旅に出なくても疑似体験することができる、その気になることができる。ビジュアルも音楽も、言葉から・・・また人間というものを普遍に描いているから、日々の自分の生き方の参考にもなることが多い。
そして、気の利いたセリフが多いことも、映画の大きな魅力だ・・。あんな言葉を発してみたい・・・とあれこれ想像することで人生は何倍も楽しくなる。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-07-31 04:54 | words
どんな時も「何のため?」を問う
これは何のためにある?何のために今日そこへ行く?この仕事は何のためにするの?
常に何のためか?を問うことにより、それを達成するために行動するため、結果もより良くなるはずだ。
誰のため?も問うてみるのも良い。そうすることで、より具体的などうすればその誰かが喜ぶかを明確にできるから。何も考えずに毎日、生きていることはもったいない。どうせならば、限られた時間を有効に使いたい。
では、「何のために生きている?」と問うてみる。この答えは正直、難しい。考えれば考えるほど難しい。
最期に「生きてきて良かった」というために生きているのかな・・。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-07-30 04:53 | words
その道一筋の人に
どんな仕事でも、その道一筋!を感じさせてくれる人には頭が下がる。これしかない。と決められるのは素晴らしい。自分はその道一筋というには、その道は「コミュニケーションロード」ともいうべき大きな道で・・・何車線もあるような・・・。本当はもっと細い道で、その道だけを突き進むという生き方が職業的には本筋なのかと
思ってしまうこともあるが、今しばらく自分のを道振り返りながら、今後の道づくりを再構築しなければと思う今日この頃。美容師さんでも、販売をされている方でも、職人さんでも・・・その道一筋の生き方は素晴らしい。
ひたむきに、前向きにがいい。最近、自分の道について考える。その道の先に何があるのか?それを見据えて生きていく、それを目指して道ができる。やっぱりゴールあっての道。50歳になっても、どの道?と迷う恥ずかしさと、正直な気持ちが折り重なる・・・・。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-07-29 04:50 | words
スマホ中毒?にご用心
日々の会話の中で、「あれ、なんだっけ~」とひとたび言えば、すぐ検索する・・・。そんなことはないだろうか。
実は私はこの行動が好きではない。あれ、なんだっけ~といって、思い出したり、自分で考えればいい。
言葉の意味がわからず辞書をひいたあの時代と、今のなんでもスマホ検索・・というのは、根本的に質が違う行動のように思える。
スマホ依存、スマホ中毒にはくれぐれも気を付けたいもの。
新潟へ行くために東京駅まで乗る地下鉄。朝の通勤時間、あるいは終電近くの車内。そうでなくても満員状態なのに、どんなに混んでいてもスマホを見ている人がいる。重い荷物をもって移動する身としては、荷物の置き場所もとれない。混みあう電車で荷物があるのも申し訳ないけれども、電車は移動手段であるから、それに乗って移動しなければならないのだから、多少の荷物をもって電車に乗るのは許してほしい。そんな中、ほとんどの人がスマホを手にもって何かしらやっているため、一人あたりの専有面積が増えて余計に混みあう。しかも無駄な隙間はあるので、スマホさえ車内で使わなければ、みんなもっとゆったり乗れるのにといつも悲しく思ってしまう。
疲れ果てて帰る終電の地下鉄は、朝の通勤時間と同様に混むが、朝と違うのはお酒の臭さが充満していることと、朝より帰りの方がみなさんくつろいでスマホをいじっているということが目につく。まるで電車の中にいるのに、居間にいるようにくつろいで、大きく場所をとってゲームをやっている人もいるのを見ると・・・スマホなくては生きられませんか?それ、今必要なんですか?と思わず問いたくもなる。
ない時代に時には戻ろう。素手で歩き、人にも迷惑かけず、静かな時間をもったり、考える時間をもったり・・・必要だと思う。
とにかく、スマホの普及で、社会は便利だけれども危険度も高くなっていることをわかって、人とも道具とも賢くつきあいたい。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-07-28 04:52 | メッセージ
海の家カフェで行う講演会の心得
a0144517_10372673.jpg

新潟で出会った福祉園芸士さん。真面目にこまめに、植物を育てるごとく、仕事のことも育ててきているような感じのきめ細やか、用意周到な仕事ぶりはいつも感心。自分と違う才能をもっている人に出会うことはとても刺激になる。その彼女が創業10年を迎えるにあたり、感謝のイベントをしたい。その中の講演の講師にとお声をかけていただいた。そのイベントは、開業以来の彼女の仕事に対する姿勢そのものを確認し、周囲に伝える、まさに本番一発屋のイベントではなく、本番に向けて地道に準備をしていく、そのプロセス自体が周年事業という素晴らしい取り組み方だ。このイベントを一人で準備するのではなく、仕事で自立したい地域の女性たちを巻き込み、それぞれの成長を楽しみながら、イベントを準備していくといった流れ。
「人もみどりも豊かに育て」これは、アイデア出しにかかわらせていただいた10周年事業のテーマ。時と人を結ぶ縁コミュニケーション~というサブタイトルも今から思えば半年以上前から考えておられたものだ。いろいろ横から口を出させていただいたのもいい思い出。そう、何事も育つことが大切。10周年を記念に、みんなも一緒に育ちましょう。・・・なんという素晴らしい周年テーマ。
その本番の会場に連れていってもらい、下見を行う。そして当日お世話になる皆様にもお会いする機会を得た。会場は、日本海がそのまま見える、海の家と併設のカフェレストラン。
へえー。海の家をシーズンにまじかに見る、訪れるのは30年ぶりではないか。へえ、海が見えるこういった空間で私は講演とライブをさせていただくのか。
面白い感覚になった。
通常は閉じられた空間で、パソコンとプロジェクターを使い、スクリーンに映しながら話をするというのが最近の講演の定番であるが、ここは海の家併設のカフェレストラン。そこでこんな機械武装するのは、野暮である。
主催者は日本海を金屏風として、その前に立って話をしてほしいという。海の前にたって講演するというのはとても新鮮。そして話をする1部が終わったあとは、そこにあいてあるピアノでライブもするということになっている。
海が見え、海風に包まれる、オープンな空間。そこで講演会。
ちょっとよく考えよう。よし、自然にいこう。素手でいこう。
ということで、講演会は、とことんアナログでいこうと。せっかくの海をバックに、なぜそこでパワーポイントが必要よ。なくても、話すぐらいのネタをもっているべし。
思い起こせば、これまで素手で行ってきた講演もトークショーもある。
スマートでなくていいから、思いっきりナチュラルでいこう。
そして、ライブは???きっとその時間は夕日が見える時間。
いい、いい。面白い。これまでにないシチュエーションを与えていただき、とてもわくわくしている。
海の家での講演会。さて、どうなりますことやら・・・。カチカチしたものにしない。自然に吸収でき、広がっていくような・・・そんな時間になればいい。それはそれは緊張するけれど・・。
当イベントの詳細はこちらから
http://www.k2.dion.ne.jp/~midori.d/


[PR]
by mahsa1203 | 2014-07-27 05:53 | words
本日オンエア7月25日愛の元気人のゲスト
本日7月25日18時よりオンエアのハッピーコミュニケーションプログラム「愛の元気人」の「にいがた元気人」
のゲストは、新潟市漆器同業組合の佐藤組合長(前半)と、新潟せんべい王国のスタッフ小名さん(後半)です。
熱い元気いっぱいのおふたりの楽しいトークをお楽しみください。明日以降の夏のイベントの情報もお聴きいただけます。新潟の新たな魅力を再発見!の夏になりますように。
新潟市外・県外・海外からはネットでお聴きいただけます。
http://fmkento.com/radio/

a0144517_11384839.jpg

a0144517_1139023.jpg


夏の新潟漆器展  「新潟漆器展in夏の旧小澤家住宅」
http://www.nuridon.com/

にいがたせんべい王国

http://senbei-oukoku.jp/
[PR]
by mahsa1203 | 2014-07-26 11:38 | インフォメーション
「80歳まで現役で野球するんですから。」
世界に居酒屋も数あれど、それぞれに特徴があり、それぞれにファンがいる。長く続いているお店はそれなりに、続く理由があるが、一重に努力しているお店が続くということだろう。(どんな商売も同様であるが)いわゆるバブル的な発想では続かない。何かにこだわり、地道に努力するということが商売の根本だろう。
新潟に、一般的に新潟のうまいものを出すのとは違う特徴をもつ、ユニークなお店がある。あるご縁で、そこのお店に何度か足を運ぶようになった。回数こそ少ないけれど、そこのマスターは一客である私にも、ご自身のことをよく語ってくれる。どうやら、何年か前に連続して大病を患われ、ご努力により復帰。今も食事療法や運動を欠かさず、体調管理につとめ、飲食店経営の傍ら、ライフワークである野球に心血を注いでおられる。
飲食店を経営されながら、ご自身の食事制限が必要な生活。これはとても大変なご苦労であると察する。
美味しいものを食べられないのに、おいしいものを提供しなければならない・・このジレンマとは・・・。
そのご苦労をおききし、その店主が病苦を乗り越え、いかに好きな野球をやって元気に長生きするか・・という人生の大命題のために毎日奮闘されているかを痛感し、胸が熱くなった。
おいしい食事。これはまさに健康だからこそ享受できる行動だ。そんな話をしながら、マスターはこれからもずっと食事制限を続けながらも好きな野球人生をまっとうするためにがんばって生きるんだ!と目を輝かせて言われる。
「なんのために生きているのか?」いつもそんなことを自問する昨今であるが、このマスターを見ていて、好きな野球をするために生きる。というシンプルな生き方が、いかにその人自身を強くするのだろうかと思った。
80歳まで現役でがんばるんです、野球するんです!と宣言されたあのキラキラな瞳。私ももっとがんばらなきゃいけないんじゃないか?と素直に思えた瞬間。
食べることが好きだったから始めた飲食の世界。食べることの楽しみを無くしてもその仕事を続けておられるその努力に頭が下がる。
そんなわけで、決しておしゃれでもグルメでもないお店であるが、マスターの人柄に魅せらせ、野球談議を楽しむために地元のお客さんがぶらりやってくる。
80歳まで現役か・・。私には30年もある。何のために生きているかが明確でなければ、長すぎるだけの人生になる。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-07-26 02:03 | words
「ばあちゃんの仕事を受け継いで・・・」
毎週、何社か新たな企業さんとの出会いをいただく。その中でとても印象に残った、糸魚川で製造販売を行っている老舗かまぼこ屋さん。
創業160年というから、その地道な努力に頭が下がる。当時タラがたくさんとれた、それを練りものにした。そこから家業がはじまったという。さすが日本海が近いだけある。
女性が使う櫛の形に似たかまぼこが伝統的な定番であるという。そこの6代目にお会いする。30代後半ぐらいか。小柄であるが元気あふれる、かわいらしい店長さんだ。彼女が子供のころから、先代のおばあさまの仕事ぶりを見て、自然におばあさんの仕事を継ごうと思い、おばあさまの晩年、かまぼこづくりを一生懸命学んだ、吸収したという。昔は同じ通りに何軒もあったというかまぼこ屋さんも、今は当店のみが残っているという。新幹線開業に沸く、この糸魚川。街全体が変わろうしているその勢いを肌で感じていたところに、この店長との出会い。ピンクのオリジナルTシャツがとても似合っている。櫛形のかまぼこ以外には、バースデーケーキさながらのユニークなかまぼこ。お祝いの席にふさわしい。「メッセージかまぼこ」と称し、かまぼこにいろんなメッセージを入れてくれる。ブライダルでの需要もあり、東京からのオーダーもあるという。長い歴史の中で、一度製造卸になっていた時代もあるが、この秋から工場店舗を大幅改築し、新たなスタートを切るという。製造小売りに戻るという。
「ばあちゃんの時代にやっていた、もともとの小売をちゃんとしたいと思っています。」製造小売り。商売の基本に戻りたいというのだ。がんばっている家族の姿を見て、ああなりたいと自然に受け継いでもらえるとは、なんと幸せなことか。このちっちゃいけれど、無限の可能性を秘めた店長を心から応援したいと思った。ここのかまぼこ、なかなか肉厚でしっかりおいしい。おばあさんの仕事か・・・。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-07-25 04:46 | words
「じゃ、どうすればいい?」を問う毎日の中を
飛行機に乗って「行ってきます」と、元気に出かけて行ったのに、無残な変わり果てた姿で、無言で、列車に積み込まれて・・・の再会はないだろう。ニュースを見ているだけで、叫びたくなる。泣けてくる。ご遺族の悲しみ、怒りは・・・。もし、自分が家族だったら・・・狂いそうだ。
恐ろしい世の中だ。じゃ、どこにも行かずじっとしているのが安全なのか?そうともいえぬ。街で刺されることもあるかもしれないし、地下鉄の中で毒薬をまかれることもあるかもしれないし・・・。
世の中は、一寸先は闇。以前に増して、本当にそんな残念な社会になってしまった。物質社会、情報化社会・・・世の中がどんなに一見、スマートになっても、人間のつまらない闘争心はますます過激になり、世の中が発展する分だけ惨く、信じられない現実が起きてしまう。
中国では、賞味期限を長く過ぎた食品が平気で商品として出荷されていた。「食べても死なないから」そんな当事者の声をきくと、なんだか世の中の秩序、人として守るべきこと、してはいけないこと・・のラインがゆるくゆるくなり、人が人を大切にしない・・それでもいい。自分さえよければ・・・といったあってはいけない方向へ世の中がずるずると堕落しているような気がしてならない。
ああ、あれもこれも、いやだ。と思うけれど、「じゃ、どうすればいい?」と、自分に問うてみる。生きなければならない。危険な目に遭わないようにあれこれ選び取って、自分の責任で判断して生きなければならない。
基本的に前向きでいたいと思っている。だから何があっても用心して行動をする。行動することをやめたりはあまりしたくない。しかし、もし本能的に、今はやめた方がいいというシグナルを感じたら、行動しない方がいい。
このように、日々身の回りに、危険を感じる世の中である。「じゃ、どうすればいい?」その答えは自分しかもつことができない。人は自分の代わりに判断をしてはくれないのだから。
一瞬先は闇の世の中だけれど、今日も元気に無事に目覚めているこの現実に感謝し、元気に走り出すとしよう。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-07-24 04:32 | words
どんなふうに終えたいか?の理想イメージ
船が沈没したり、飛行機が墜落したり・・・病気の予防をいくらしていても、このような惨劇で命をおとすことは自分に限ってないとは言い切れない。来る明日にどんなに楽しいこと、絶対にしなければならないことが待っていても、その意思とは関係なく、人生が終わってしまうこともある。
こうありたい、ああしたい。という願望で頑張って生きても、そのとおりにならないこともある。それが悲しいかな、人生というもの。もちろん、思いがけぬ素晴らしい出会いに巡り合ったりもするわけで、人生はプラスもマイナスもすべて込みの経験の集合体だ。
出来る限り、心無い人の手や判断で、自分の人生が終わるのは避けたいと思う。その危険を自分でできる限り回避できる力を身に付けることも大切だ。
あんな風には死にたくない。。。と思う場面が多すぎるこの世界の中で、くちゃくちゃの笑顔で老衰で亡くなっていくのが一番幸せなのだろう。この理想イメージを抱いて、現実としっかり向かい合って、ぼんやりせず、しっかりと生きていきたい。世界中の紛争の被害者、事件や事故の被害者の方に心からの哀悼を込めて・・。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-07-23 03:56 | words


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
メッセージ
words
インフォメーション
旅・出会い
La Grande Roue Web
URL
過去のWords

What's New ---更新情報
以前の記事
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
9月1日よりマーサブログが一..
at 2014-08-31 11:08
「シャキッ」と「グニャッ」と..
at 2014-08-31 05:47
本日オンエアです。
at 2014-08-30 08:06
「新しいから」 ではなく、「..
at 2014-08-30 04:00
「これから何になろうかな?」..
at 2014-08-29 04:23
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

FM KENT 愛の元気人

Mahsaセカンドアルバム Nostalgic Rouge

MahsaオリジナルCD&エッセイ