つれづれなるままに...
by mahsa
Top
<   2013年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧
クマさん、ごめんなさい。
ある報道からの気象シミュレーションによると、100年後、真夏日といわれる日は1年のうち100日を越えるそうだ。そして、櫻が咲く季節も、海開きも、いろんな季節の節目が前倒しになり、紅葉は遅くなるらしい。もう四季はなくなる。恐ろしい。さらに、北極では氷が溶けはじめるのが早く、熊の餓死が問題になっているそうだ。小熊が池のほとりで餓死している姿、またやせ細り地上におりてきてさまよっている熊を見て、思わず「ごめんなさい。」と手を合わせた。最近、そういえば北海道だったか国内でのこと、熊が夏に地上に下りて餌を探していると問題になっていたが、その熊ががりがりにやせていたことに愕然としたこともあった。山に餌がない、山も自然に侵されてしまっている・・・。地球の温暖化はすでに他の動物の絶滅にもつながってきている。人間は、温暖化、温暖化といいながら、欲望のまま生き、そして地下資源を掘削する競争に必死だ。人間の欲望と自然の滅亡。いつの日か、人間の欲望のために地球は滅びるのだろうと思うと、たまらない。でも多くの人間は「でも、自分が生きているうちは大丈夫」と思っているのだろう。クマは何もいわないけれど、わかっている。もう地球は生物が平和に暮らせない段階にきているんだと。クマさん、ごめんなさい。人間は・・・・なんだろうか。自分もそうでありながら、自分のことも含め、よくわからない・・。
[PR]
by mahsa1203 | 2013-01-31 04:05 | words
兼業を生業とする生き方
「どれが本職ですか?」「どれが本業ですか?」という質問、未だに時々いただくことがある。それをやっているときはそれが本職だという考え方は、やっている者だけが実感できることなのかもしれない。観覧車的に生きようと思えば、いろんな仕事を同時にうまくやっていくことも大切だと思っている。またコンセプトがひとつで,その下にそれを実現するいくつかの仕事が存在するのもありだと思っている。福島出身の歌手の知り合いがいる、震災後の支援イベントのゲスト探しをしているときに、ツィッターでフォローしているよ という方のクチコミで知り合ったという不思議な縁。彼女も実は、兼業歌手である。平日は介護の仕事をし、週末を中心にイベントでうたったり、ラジオに出たりと意欲的に活動している。ときどき、介護の仕事をしている自分と歌手の自分、どっちがどっちだかと思うことがあるといっていたが、どっちもあるからどっちにもいいのではと思い、励ました。これからは、「これしかできない」よりも「これもできる!」がいいし、せっかくの一度きりの人生、できることは全部やればいいのではないか。兼業しながら自分の人生の目標を達成するという生き方。まさに21世紀のダ・ビンチを目指したいとあらためて思う。
[PR]
by mahsa1203 | 2013-01-30 06:32 | words
すべてのバランスを整える習慣づくり
調子が悪いときは、どこかに力が入りすぎていたり、どこかに錘のようなものがのっかっているような、非常にアンバランスな状態ではないだろうか?真の健康とは、心身のバランスもあり、また他者との距離感のバランスもあり、いろんな関係のなかで、いい感じに自分が立っているときの状態を指すのではないか。何か悩みがあるときは、その深みにどんどん入っていかないで、ちょっと引いて違う視点から世界を見てみたり、そんなこともあると大きくとらえてみたり、ちょっとひいてみたり・・・と とにかく「バランス」がとれる位置に自分を移動させるのが良い。体調が悪いとき、薬をのんだり、食事制限をするのも、いい位置に自分をもっていくためである。いろんなことが同時におきると、しんどいこともあるが、そんなときこそ、「自分のベストバランス」を意識してみよう。バランスは、立ち位置を少しかえることで改善できるはず。人間は自分だけで存在せず、あらゆるものとの関係において存在するのだから、調和している状態が一番いいはずだ。周りと自分のよきハーモニーが生まれる・・・バランスがうまくとれているときは、そんなときのはずだ。
[PR]
by mahsa1203 | 2013-01-29 00:14 | words
ところ変われば すべて変わるなかで
アルジェリアでのテロ事件の邦人犠牲者の皆様が帰国された。生死を分けたのは、ちょっとの差の、何かの違いだったかもしれないが、生きて帰ることができなかったということは、本当に無念で、お気の毒で、ご家族の心中を思うとたまらない。この死を無駄にしてはいけない。と、周囲の方々は心に誓っておられることだろう。世界中がアルジェリアの今回のことをどれぐらい意識しているのかと、世界のニュースを見ているが、人質たちの安否が明確になった時点で、それほど大きく報じらることはなく、NYに住んでいる知人に様子をきいたが、「アルジェリアのことは、簡単な報道だけで終わりました。今、ヒラリー・ロッダム・クリントン元国務長官の責任問題でにぎわっています。以前、リビアの米国大使館が襲われ、大使を含めた多くの人が死んだ事件です。」という返事。場所が変われば関心度は違い、また誰にとっても他人事より自分ごとが優先であるのは、あたりまえ。そんな状況も理解しながら、日本人として今回のことをどう教訓とするかについて考えておく必要がある。国家や企業レベルですべきことがそれぞれあるが、それだけでなく、個人でできることもあると思う。この小さな日本イコール世界そのものではないということの意識とそれをもつための見識、知識をもっともつ必要性がある。こんなに悲しいことがおきても、世界ではそれとは違う事件、事故や悲劇がおき続けている。今回のことだけが特別なことではない、世界ではいろんなことが起きている、日本は本当に平和な国であることを再認識することも大切だ。生きているものが、しっかり強く生きなければならない。そして、争いごとがこの世からなくなり、罪のない人々が犠牲になることのない世の中になってくれることを心から祈る。あらためて、今回の犠牲者の方々に心よりお悔やみ申し上げます。
[PR]
by mahsa1203 | 2013-01-28 05:27 | words
「絶対時間」を感じるとき
この1週間は、いつになくとても長く感じられた。なぜだろう。ひとつ大きなミッションを果たした後の時間はそう流れるものか?しかし生活は何も変わらず、いつもどおり動いているのに、もうライブ最終回はずっと昔の思い出のようにも思えるのである。今回のイベントをお手伝いいただいた仲間にそんなことをつぶやいたら、以下のメールが返信されてきた。「不思議な経験です。ライブの後の時間が消滅した?1世紀以上時間が止まっていたかのように・・。今朝、メールをいただいて停まっていた時間が鼓動し、息を吹返したかのように白雪姫シンドロームでしょうか?毒リンゴは食べていませんが? 音楽というリンゴは、バラ科でありながらシソ科のラベンダーと同じく時間も空間も超越しての浦島効果の仮想(魔法)かもしれません。」・・・なんと味わいある言い回しであろうか。さすがアーチストであると感心もする。しかし、あれだけもてる力をかき集め、1点に集中したたった半日の経験のあとは、こんな風に時間が過ぎるものかと。年とると、「時間が経つのは速い」と、皆、口をそろえていうけれど、私には速く感じるときもあり、とっても遅いときもあり・・・。きっと自分で何かを追っているときの速さがカラダに染み付いているせいかもしれない。長い1週間を経て、再び、時計の針をもとに戻そう。時間は面白い。60進法は人間があとで考えたルールであり、その前から、時間は存在しているのだから。自分の「絶対時間」を大切に生きていこう。
[PR]
by mahsa1203 | 2013-01-27 06:20 | words
「いいとこ探し」は己のため
ついつい自分のことを棚にあげて 異なるもの、ことに「異議」を唱えてしまったりする自分がいたりする。そしてついつい否定的な見方をしてしまっているときもあり、いかんいかんと首をふったりする。また、コミュニケーションに関わる相談も日頃より多くいただくが、寄せられる悩みごとからも、同じようなことを感じることもある。人はときに気弱になったり、否定的になってしまうことがあるものだ。今年いただいた年賀状に「いいとこ探し」をテーマに書いている方がおられたが、その方は昨年も同じことを書いておられた。とてもいい着眼点である。私も「いいとこ探し」ともっと実践しようと思う。そうすることで、相手のいいところが見えて、幸せな気持ちになり、それにより、相手にもっといい接し方ができるだろう。そしてそんな風にして生きていれば、自分自身のことももっと好きになるだろう。悪いところ探しは、やりたくない言い訳だったり、ごまかしだったり・・・といいことがない。誰にもいいところがある。そしてどんな仕事にもいいところがある。そんな見方をしていくと、気持ちがとても軽くなって、やる気も涌いてくる。
[PR]
by mahsa1203 | 2013-01-26 06:17 | words
夫婦喧嘩は元気・長生きの素!
お恥ずかしい話であるが、実家にかえってもせいぜい1時間が我慢のしどころである。実にとるにとらないつまらないことで、両親が口論をはじめるのである。おそらく、自分がいてもいなくても毎日毎夕しているのであろう。そんなところに力を入れなくてもと思うほどに、一生懸命 言い合っている。かと思うと、何かないといっては頼っている。まだまだ元気なので、しばらくこのまま好きなようにしてください、といつも心の中で思っているが、どんなことでも心の中にためないで、全部吐き出せる相手、真正面から向き合うことができる相手がいるということは、とても大切なことであると思う。あるとき、母が事故で入院したときは、父は毎日病院に通い、ときには炊き込みごはんを作ってもっていったという伝説もあるが、いい話だと思う。うるさくてたまらないので、長時間は一緒にいられないが、どうぞいつまでも元気に喧嘩をし続けてもらいたい。それが長生きの秘訣だろう。もっともあまり怒りすぎて、血圧も心配ではあるが。ほどほどに、夫婦コミュニケーションを楽しんでもらえればいい。
[PR]
by mahsa1203 | 2013-01-25 00:23 | words
しばし頭中に風を吹かせる
ひとつのことをずっと考えていると、そればっかり見ていると、「もう駄目だ」とか決め付けてしまう自分がいたりする。そして決断しないといけない手前で、本当にそうか?と自分の考えに疑問が涌いて、全然関係ない第三者にその人だったらどういう判断をするか聞いてみる。すると、やっぱり、自分の頭では考えない、自分の皮膚では感じない切り口のヒントをいただけるものだ。そして、一方的に見ていたその自分について、本当にそれでいいのか?と自分に対して見つめなおすようになり、結果、判断が変わることもある。迷い悩みながら決断するときは、ちょっと頭の中に風を吹かせると良い。人生を長く生きてこられた諸先輩たちは、その風になってくれることもある。聞いても恥ずかしくないし、聞いてよかったと必ず思う。風が吹いて、冷静になったあと、さっきと違う方向で自分が歩き始める。ということも時には悪くない。人間はつねに迷い、悩む存在だから。
[PR]
by mahsa1203 | 2013-01-24 05:18 | words
マスコミの重さ、軽さ
ネット社会になってから、どんどん公的な情報がアップできるのは、速報性という点においてよいけれど、自由度がありすぎるせいか、好き放題な感じも否めず、またプロの発信と素人のいいたい放題がごちゃまぜになってしまい、受け手の賢明さがますます求められるようになったと感じる今日このごろ。今回のアルジェリアのテロ。会社や家族など関係者の皆様のことを思うと、言葉がない。痛ましすぎる。と同時に12年前の9月11日のことが蘇る。今回の事件のことを報じるマスコミの様子を見て、番組や局によってであるが、どこか軽く報じているような感じもし、また島国だからこんな機会にアフリカを、アルジェリアを知ろうということもわからなくはないが、話し手の一夜漬けの知識によるトークが、何か事件の重さとはまったく違う次元にあるような、他人事のようなそんな感じを受けるのである。それから、最近感じるのは、「文字の書体」の大切さだ。紙の新聞であると、太さや書体、大きさでその事件の重大さを一目で知ることもできるが(それを逆利用しているのがスポーツ新聞であると思っているが)ネットでのニュースには、その事件の重大さや悲しさを紙媒体とは違って感じる流してしまいそうな「軽さ」がある。人々の五感に訴えるメディア。いろんな媒体があるけれど、もっと重大さや深刻さ、メッセージ性を考えて発信することが大切であると思う。今回のテロ。いつどこで、何が仕組まれているのかわからないこの世の中。なんとか安心な社会づくりをと願ってやまない。
[PR]
by mahsa1203 | 2013-01-23 04:32 | words
哀愁の漂う顔つきとは?
「ロマンチック・ノスタルジー」を表現する顔はどんなだろうか。自分では鏡を見る以外に自分を見ることはできないが、写真はそんなときとても重宝な存在である。
今回のライブは、昼・夜違うカメラマンに撮影をお願いした。それぞれ本当に人の表情をとらえるのがうまい。
「これ、自分のお気に入りです。ピンがずれているけど、哀愁出てますよ。」とのこと。なるほど。こういうのを哀愁というのか。激しさのあとの静けさか、孤高な感じなのか。ノスタルジーを表情でとらえると面白い。近日、いろんなノスタルジックな表情がまとめて見られるのが楽しみだ。苦しそうだけれど微笑んでいたり、笑っているけれど何か考えていたり・・。そうだ、きっとノスタルジックな顔とは、複数の感情を表しているはずだ。と、自分の写真を見てそんな風に思えてきた。
a0144517_1518549.jpg
a0144517_15194248.jpg

[PR]
by mahsa1203 | 2013-01-22 05:08 | words


カテゴリ
全体
メッセージ
words
インフォメーション
旅・出会い
La Grande Roue Web
URL
過去のWords

What's New ---更新情報
以前の記事
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
9月1日よりマーサブログが一..
at 2014-08-31 11:08
「シャキッ」と「グニャッ」と..
at 2014-08-31 05:47
本日オンエアです。
at 2014-08-30 08:06
「新しいから」 ではなく、「..
at 2014-08-30 04:00
「これから何になろうかな?」..
at 2014-08-29 04:23
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

FM KENT 愛の元気人

Mahsaセカンドアルバム Nostalgic Rouge

MahsaオリジナルCD&エッセイ