つれづれなるままに...
by mahsa
Top
<   2011年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧
「人生マーケティング」を生涯やり遂げる
会社員時代から昨年まで会員としてお世話になってきたマーケティング実務家の国際組織にMCEI(Marketing Communication Exective Internationals)という存在がある。毎年国内マーケッターが執筆する「百人百語」という冊子に寄稿したのが以下の内容。出来上がった冊子をお世話になってきた作家の野村正樹さんの奥様にお送りした。すると「温かく拝読しました。人生マーケティングがんばって、あなたの花を大きく咲かせてください。応援しています」との返信。そう私の中で、マーケティングの意味はますます生きざまの本質に迫るものに変化してきている。
生きるということは社会に喜んでもらうために存在するということ、そのために積極的に行動を起こし続けること。これが人生マーケティング。言い換えれば、人に喜んでいただくことをし続けることが人生マーケティングである。年末にふさわしい言葉だと思う。以下に原稿を引用しておきたい。


「人生マーケティング」を教えていただいた
MCEIに永遠の感謝を

今は昔、もはや20年以上前になろうか。会社員時代にMCEIという組織を初めて知った。
大手企業の優秀なマーケッターたちとの出会いはマーケティングプランナーの駆け出しであった自分に刺激的であるだけでなく、その後の仕事観、生き方にまで大きく影響を与えた。水口先生にもっとも学んだことはプレゼン力、言葉の使い方。ショ―トセンテンスで切れ味良いその表現は他に例を見
ない衝撃で、気が付けば自分もそのような語り口になっていた。そしてサラリーマンから転身、専業作家になられた野村正樹さん。野村さんには「一生営業」「一生マーケッター」という生き方を学び、出版について「急ぐべきか?」と相談したときに、「書かねばならない時が、背中を押される来るから焦ることはないよ」との言葉をいただき、今となればそれが私への遺言となった。そして、野村さんに背中を押されたのか、今年は「自分という商品」を形に表現するため、初のオリジナルCDと書籍をダブルで出版することができた。上に書いたお二人以外にも、MCEIで出会った数々の素晴らしい先輩たちに国を越え、世代を超え、無数の「叡知」と「経験」を教えていただいた。このことに改めて感謝し、野村さんの分まで「人生マーケティング」をやり遂げたいと思う。

引用以上
[PR]
by mahsa1203 | 2011-12-31 02:13 | words
「母の面影にそっくりです」の衝撃
5年ぶりだという。以前よく交流していたマジシャンの方と久しぶりの再会となる。その空白の時間を感じさせることなく、言葉がボンボンとよく行き交う。マジックはコミュニケーションツールであるという点で共感するし、もっといえばこれは「おもてなし」の道具にもなる。そして高齢者から乳幼児にまでその効果をという挑戦も始まっているなど相変わらずな話題に時計の針の回り方も速い。
2時間近く話したあと、おもむろに1枚のセピア色の写真が差し出され、その人は言う。「これ、僕が1歳半のときに亡くなった母の写真です、マーサさんにそっくりでしょ?」と。「へ?お母さんですか?私が。で、この写真はいつごろのですか?」「うーん・・と、多分昭和10年ぐらいでしょう。」自分の親ぐらいの年齢の方から、母親そっくりといわれ、戦前の写真を証拠として見せられ、正直戸惑ったが、悪い気はしなかった。複雑ではあるが。多分誰でも会話の相手、しかも年上の方から「あなた、私の父(母)に似ています」と言われたらビックリするはずだ。「母親の面影に似ている」という思いが親しみにつながっているのだろう。誰かに似ているという例え話がよくあるけれど、返答に困る瞬間。そのセピアの写真は日々その紳士のバッグに忍ばせてある大切なお守りである・・。母は永遠なり。
[PR]
by mahsa1203 | 2011-12-30 04:20 | words
燕市鈴木市長のブログに。。
さる12月23日に開催されました燕市での「アビリティ燕 移転・クリスマス感謝の会」イベントの様子が、当日参加された燕市の鈴木市長のブログに掲載されていました。(ちょっと恥ずかしいですが笑)
鈴木市長は新潟とのご縁をいただいたきっかけになった大切なキーパーソンのお一人です。地道に、クールパッション!にがんばっておられるりッキーさんを、新潟応援団としてもずっと応援し続けたいと思っています。
http://suzukitsutomu.seesaa.net/article/242153491.html
[PR]
by mahsa1203 | 2011-12-29 07:21 | インフォメーション
ノーマライゼーションが普通になる日
先のブログにも書いたが障害者の方から教えられることはとても多いと感じる今日この頃。今年は夏そして秋にかけて、障害者の方がつくられたキャンドルに灯を灯し、日本の元気に祈りを捧げるイベントがあり、それを影ながら応援してきたが、このたび主催者から協賛者・協力者宛にお礼のポスターが届いた。(以下の写真)この写真がそのとき会場で皆さんがかかれた寄せ書きフラッグ。3メートル平方ぐらいはありそうな巨大フラッグ、そこにキャンドルを観に来た新潟市民たちが東北の皆さんへのメッセージを寄せ書きした。そして新潟イベント終了後、このフラッグは主催者の手により福島へ届けられ、地元出身の歌手 越尾さくらさんのご協力により東北地方でのライブ活動時に掲示され続けている。地道ではあるが、このような形で新潟市民一人ひとりの言葉が東北の方々に伝わり続けている。またキャンドルを作られた障害者の方のメッセージにも思いを感じ、胸があたたかくなる。ひとつの作業、一言の言葉や文字・・・それぞれ世代、職業、地域、障害の有無を越えて、皆参加で思いがひとつになった善行。こんなときでも、どんなときでも、皆がもてる力や気持ちを持ち寄り、助け合っていくこと。この大切さを今年たくさん学ばせていただいた。これからもお互いを尊重し、助け合って心通う豊かな社会にしていきたい。派手じゃなくていい、目立たなくて良いから、スポットが当たらない人たちに喜んでもらえるようなことを地道に。まだまだやれることはたくさんある。
a0144517_100935.jpg

[PR]
by mahsa1203 | 2011-12-29 05:07 | words
プロセスがうれしい
人が一番嬉しいことは、誰かが自分のことを思っていてくれるということがわかったときではないだろうか?「マーサさんといえば観覧車だから・・を探してみました。どんなに探しても他にないんですよ。どんなものか私もみてないので、今、開封してみてください」という友。誕生日のかなり前からこれを探してくれていたようで、次回会ったときに渡しますね・・という予告まであり、この友は自分に贈るものに対してどれぐらいの時間をかけ選んでくれたのだろうと思うと感激で胸がいっぱいになる。他にも手作りフォトアルバム、1枚のポストカードにぎっしり描かれた文字、これも立派なギフトだ。かと思うと、突然台湾の仲間から人伝いにクリスマスギフトが海を越えて手渡しされたりする。もちろんいただくモノ自体もこの上なくありがたいが、それ以上にうれしいのは、自分のようなもののためにかけていただいたその方の人生の時間である。高価なものとか、珍しいものとかじゃなくていい、想いが詰まったものが一番である。ギフトはコミュニケーションのプロセスである。貴重な時間をいただくことに感謝。
[PR]
by mahsa1203 | 2011-12-28 04:38 | words
新潟でライブ2月10日開催決定!
お待たせしました。お世話になっている新潟の地で、2年ぶりのライブを開催します。
a0144517_2118873.jpg

お問い合わせは
info@mahsa.jpまでお気軽に。皆様のご参加をお待ちしています。
[PR]
by mahsa1203 | 2011-12-27 21:19 | インフォメーション
ポジティブな「でも」「しか」
今年1年いろんなことがあった。やり残したことはないという人は、本当に素晴らしいが、大半はそんなことはないかもしれない。やれるだけやったけど、これ以上できないという窮地にまでは自分を追い込んでいなかったかもしれない。
そんななか、あるメールが届く。「あなたにしかできないことがまだまだあるから、がんばってくださいね。」この「しか」に目が留まる。私に「しか」できないこと・・・これはぜひ挑戦しなければならない。一方、私に「でも」できること。これは気づいていないだけでいっぱいありそうだ。いずれにしても、「でも」も「しか」もしっかりやろう。とくに「私にしかできないこと」をもっと開拓し、磨き上げることで自分の価値を高めることができそうだ。毎日ポジティブな「でも」「しか」を実践しよう。
[PR]
by mahsa1203 | 2011-12-27 00:26 | words
最後の年賀状
毎年、年賀状を整理するときに、一生捨てられないものが何枚か出てきてしまう。今年亡くなった方のものである。「今年こそお会いしましょう」と書いてあるのに、それっきりになった友、そしてなぜか写真の違う2枚の年賀状を送ってくださった方。一枚には「次は病院以外で会いたいな」と書いてあったのに・・。どちらも再会できないまま、ラストカードになってしまった。
後者の件、なぜその方(=心の相互マネージャーと呼び合っていた)は今年のはじめに私に2枚の年賀状をくれたのだろうか。何かいい足りなかったか、1枚出したのを忘れたのか・・(そういうことは時々ある・・)後でご家族に「Nさんから2枚年賀状が届いて、気になって仕方なかったんですよ」と言うと、「あ、2枚いってましたか。1枚の写真のは仕事でお世話になった方宛で、もう1枚のほうは親戚や親しい人に出していたようでしたよ。今尾さんには2枚とどいたのですね」とのこと。この2枚のハガキは私にいただいた遺筆である。永遠に捨てることはない。年賀状をそろそろ書く時期になってきたが、ホルダーを1枚1枚めくりながら、処分してよいもの、してはいけないもの・・と整理するのに心が複雑な季節でもある。まずは、こちらから出す方全員に、ご本人に直接届くことを心から願いたい。年の瀬は、華やかでハレを感じる一面、違う緊張感がつきまとう・・。
[PR]
by mahsa1203 | 2011-12-26 02:45 | words
「純粋である」という美しさ
年末最後のイベントは、知的障害者施設主催のクリスマスコンサートであった。そこで会のラストに障害者の皆さんと一緒に自作の曲とクリスマスソングをステージで合唱。不思議なことに皆さん歌詞を暗記しており、すらすらと歌っている。その姿にしみじみ感動しながら、またその一人ひとりの顔や表情にも注意を向ける。視線は定まらず、宙を向いて歌っている人、落ち着きのない人、好きなように指揮をとっている人、・・・それぞれが個性豊かで観ていて微笑ましくなる。「皆さん、笑顔で歌ってくださいね。はい笑顔」というと、にっこりではなく、大きく口をあけて「がはははは」と笑い出し、「そうじゃなくて、にこっとしてみて、はいチーズ」というやりとりにこちらも思わず笑ってしまう。演奏後、私の顔を覚えている青年は、笑って話しかけてくれたり、握手を求めてくれたり・・・世間体もしがらみもない世界にあるのは、「ピュアな心」である。ある障害者の女の子のお母さんが、母子で私のほうにおいでになって、「娘と一緒に写真に映ってください」といって、お母さんも娘さんもはしゃいで撮影をしてくださった。障害者の親御さんとして人に言えないご苦労もおありになるだろうに、なんとこのお母さんは幸せそうな表情をされているのだろうか、それは娘さんがあまりにあどけなく、かわいらしいからであろう。人間が生きる社会には様々な泥にまみれた場面やダーティなこともなくはない。しかし、ここに来るとそれを忘れさせてもらえるのである。「純粋である」ということの素晴らしさを五感で学ぶ。ノーマライゼーション・・・この言葉が日常化されつつある。すべての人の個性が生きる社会を・・。メリークリスマス!

[PR]
by mahsa1203 | 2011-12-25 05:11 | words
帰りの電車の気持ち
今年最後のイベントの仕事を無事終える。全力で発信した後は、脱力感でいっぱいになり、車内で何もする気にもなれない。本も要らない、飲食も不要。なんだか全身がお腹いっぱいの状態になるのである。唯一入るのは、何も考えなくて良い音楽ぐらい・・。いつも、往きは「やるぞ!」と緊張感に包まれ、張り詰めた自分がいる。そしてテンションを上げて続けて、本番に向かう。研修でも講演でもコンサートでもプレゼンでもすべて同じである。そして全力で駆け抜けたあと、抜け殻になる。今年最後のコンサートは無事、ありがたい反応をいただき、お客様の何名かが涙を拭きながら帰路に着かれたのが印象的であり、また主催者からも喜んでいただき、肩の荷が下りた感じ。燕三条から東京までの約2時間。無我の境地でぼーっと自分の今年を振り返り、「ああ、いい仕事ができた」とひとり笑顔にもなったりする。いつも帰りの電車が大切である。どこへいっても、何をするにも、気持ちよく幸せに家路をたどることができるのが一番である。自分へのクリスマスプレゼントを贈ったような仕事。一重に周囲のおかげ。感謝の気持ちが尽きないまま、今年もカウントダウンになった。・・と気持ちよく帰ったあと、リハーサルでころんだ足が急に痛み始めた・・。
[PR]
by mahsa1203 | 2011-12-24 05:59 | words


カテゴリ
全体
メッセージ
words
インフォメーション
旅・出会い
La Grande Roue Web
URL
過去のWords

What's New ---更新情報
以前の記事
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
9月1日よりマーサブログが一..
at 2014-08-31 11:08
「シャキッ」と「グニャッ」と..
at 2014-08-31 05:47
本日オンエアです。
at 2014-08-30 08:06
「新しいから」 ではなく、「..
at 2014-08-30 04:00
「これから何になろうかな?」..
at 2014-08-29 04:23
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

FM KENT 愛の元気人

Mahsaセカンドアルバム Nostalgic Rouge

MahsaオリジナルCD&エッセイ