つれづれなるままに...
by mahsa
Top
<   2011年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧
おかげさまで1周年 「愛の元気人」本日オンエアです。
ハッピーコミュニケーションプログラム「愛の元気人」もおかげさまで1周年となりました。
本日4月30日オンエアです。18時30分より。新潟市の方は76.5MHZ、市外・県外の方は
ネットでお楽しみください。
www.fmkento.com
[PR]
by mahsa1203 | 2011-04-30 06:21 | インフォメーション
うちの優秀な社員
ある花屋の社長とランチタイム。コンテナで作った自分のお店を窓越しに眺めながら同じく隣接するコンテナのイタリアンレストランでパスタをいただきながら語り合う。あふれんばかりの花を見ながらの食事というのもなかなかである。「うちには、世の中でいういわゆる『優秀な社員』というのはいらないんですわ。「うち」の優秀でいい。うちの優秀というのはお客さんが喜ぶことができるということです」「うちの会社が合わないところがあるなら、やめてもらって結構。他にその人が会う会社があるでしょうし。合うと思う人だけがいてくれればいい。」「その代わり、採用したらその人の人生に責任をもちますよ。当たり前のことですが」などなど、当たり前の発言であるかもしれないが、その社長の一言一言が共感でき、人それぞれの個性と関係性を尊重されているのがよくわかる。
どうりで、そこの社長と社員の関係はまるで家族のようである。背の高い社員が階段の上から社長に対して頭を下げると「おまえ、そこからおまえが頭下げると俺を見下げているみたいだろ」という。社員はそうかと思い、階段を駆け下りる。本当にほほえましい。「どこででも優秀」というのは、実は「どこででも優秀でない」のかもしれない。働きたい職場があれば、「そこの優秀社員」にどうすればなれるか考えればいいのだ・・・。そのことを改めて若い人たちに伝えたくなった。
[PR]
by mahsa1203 | 2011-04-30 06:16 | words
刺激の交換を年1回。
a0144517_1542453.jpg

さる4月9日に開催した自主ボランティア勉強会。新潟県内の企業人たちが土曜の午後、新潟市に結集し、お互いの学びの成果を発表し合い、交流しあう。そのときの集合記念写真ができた。いい表情、いい空気。この会に出て、改めて起業してよかったと思ってくださる方、また皆の刺激をもらってがんばらねば!と奮起する人・・・。
刺激の交換はとても良い。またこの集まりをやってほしいという声が多数ある。やる以上は参加する人同士が刺激ある人でなければならない。だから「あなたやる人、私見る人、私お客さん」ではすまないのだ。それぞれが相互に刺激を与え合わねばならない。そのプラスのプレッシャーが人をやる気にさせる。また来年会えるといいね!
[PR]
by mahsa1203 | 2011-04-29 01:58 | words
まさにアビリティ!を見た
a0144517_4314745.jpg
一昨年前、10周年でお祝いソングを贈った知的障害者施設を久しぶりにたずねる。その日から毎日その歌を練習していた。それをぜひ聴いてほしいと、入所されている皆さんが作業を中断し、整列して、録音された私の初回演奏のピアノの音色に乗ってそれを歌い始める。まさかこの曲がその施設のテーマソングになるとは夢にも思っていなかったのに・・。それがそれが、今や全員が暗譜、歌詞も覚えて、うまく歌えるようになっているのである。作った本人が思わず間違えたほどなのに・・。人間の能力は本当にすごい。彼らに歌ってもらえてこの歌はとても喜んでいる。思わず、うれしいのとあまりのうまさにびっくりして涙が頬をつたう。人間にはやはりそれぞれの能力がある。アビリティの歌を聴いて、改めて人間の能力の可能性を確信した。アビリティ燕の皆様、よく歌ってくださいました。とてもとてもお上手でした。これからも歌い続けてくださいね。
YOU TUBEで、その素晴らしい練習成果にお目にかかることができる。
http://www.ginzado.ne.jp/~ability/eve/t/11/3/11.html
[PR]
by mahsa1203 | 2011-04-28 04:36 | words
「書」の発信力
久しぶりにホームページやブログを見てくださった書家の友人が、「この言葉に感銘したので、書いてみました」と送ってくれた書の写真。彼女の作品は、女性らしい優しさと強さに満ちていて、大好きである。時々慰問やライブにも彼女が書いてくれた詩の書を持参し活用させていただいているが、書からにじみ出る愛の力に、見る人も元気をいただいているようだ。書には意味を伝えるだけではなく、その書き手の意思や想いも伝える力がある。私のすべての詩を本当は彼女の書にしてみたい心境だ。単なるパソコンで打ち込んだ機械的な文字が、書家の呼吸と腕により勢いよく運び出されることにより、新たなエネルギーが生まれる。書は心を映し出す魔法の鏡。心がにじんでいると、キレイに書くことができない。子どもの頃に通った書道教室がふと懐かしくなる。自分自身を研ぎ澄ますために、自分自身と向かい合うために人は「書く」。そして筆はごまかすことができない究極の自己表現の道具。1本の筆と紙がある・・そんな時間をときには大切にしたい。
a0144517_20263771.jpg

[PR]
by mahsa1203 | 2011-04-27 04:51 | words
通勤時の役に立つ
一斉にお送りしたCDのなかには、被災地へのお見舞い用にとお送りしたものもある。ご予約いただいていた方に、せめてものお見舞いである。「CD届いたよ~。家内と全曲聴いたよ~。マーサの歌が体中に染入ったよ~。今日は会社に来るときも車のなかで聴きました。帰りも聴こうと思っています。聞くたびにいいな~って思います。人は、それぞれ様々な想いを持って生きてますが、東日本大震災で、人生が変わった人が沢山いると思います。そんな人々の「想い」を大切にしながら、「優しくも強い」人になっていきたいと思っています。元気を贈っていただいてありがとう~」というメールが届く。大船渡で復旧に奮闘される知り合いからである。ああ、こうして通勤時にお役に立つというのもなかなか新鮮である。聴いて「今日もがんばるぞ~」と思ってもらえるのはとても良い。送ってよかったとほっとする。あるタクシーの運転手さんが、朝と夜の社内BGMを変えていると聴いたことがあったが、私の音楽ははて?朝向きか?夜向きか?ともかく喜んでもらえることがうれしい。人様の生活のどの部分で役立つも良いではないか。こんなささやかな1枚のCDが被災地のお役に立つとはまさか思ってもいなかった。飽きられないうちに次もがんばらねばと自分にハッパをかける。
[PR]
by mahsa1203 | 2011-04-26 02:26 | words
ECOな生き方を
子どものころ、音楽漬けで受験勉強もしなかった。親との考えが噛み合わなくなり、外に出たくなり、働きながら哲学を学んだ。唯一なりたかった職業である学校の先生の採用試験に落ちたことがきっかけで「考えること、書いたりすることが好きな人」という一行にひかれ、京都の印刷会社に入り、いつしかマーケティングコミュニケーションの世界に浸った。東京転勤を気に、世界が広がり34歳で独立し、音楽活動もなぜか再開・・・そんな軌跡から今日にいたっている。思えば、これまでの人生で活かされていないものがない。すべてが生きている。大きくいえば無駄がない。すべての時間を次に生かすことができれば意味がある。人間もECOに生きなければ。資源の活用のことだけでなく、自分の生き方自体を見直したい。意味のある、役に立つ人でありたい、そうなりたい。ますます思う晴天の日曜。
[PR]
by mahsa1203 | 2011-04-25 04:55 | words
おいおいとひとり泣き
うれし泣きというのはめったにない。というかこれまであまり記憶がない。震災前日にレコーディングを終えたCDがようやく完成し、大量に荷物が届いた。ダンボールを恐る恐る開封し、1枚のCDを取り出し、自分の考えたとおりにイメージしていたとおりになっているかを確認する。おそるおそるケースを開けてみる。リーフレットに目を通す。最後は肝心な音の確認。2曲目あたりになぜか知らないが涙が出て出て、声を出してひとり泣いた。何かわからないけれど、それぞれの曲を作ったときの背景やら、レコーディング前の練習皆無の日々やら、それでも飛行機に乗って札幌へ行って、スタインウェイに導かれて演奏していたあの張り詰めた時間やら、そして震災。この長い約1ヶ月の間のこと、注文してくださった皆さんの顔、顔、顔・・・。すべてが同時に浮かんできたのかとにかく感極まった。念願の、待望の、切望の、期待の・・・なんでもいいが、とにかくこうして形になったのだ。聴いていけば反省しきり。ああすればよかった、こうすればよかったと次々出てくるが、これはこれでいいのだ。次へ行けばよいのだ。涙が乾いたところで、ご予約いただいた方々への発送態勢に入る。できた以上は早く届けなければ。いろんな顔が浮かぶ。どうかどうか、無事皆様の手に届きますように。そして気に入っていただける何かがひとつでもあれば、もうそれで充分。
長らく応援いただいた皆様 本当に本当に本当に!ありがとうございます。次の挑戦に向かって、すすみます。
a0144517_1852197.jpg

[PR]
by mahsa1203 | 2011-04-24 05:25 | words
コミュニケーションのスパイス
ひとつモノを作って、売るまで、そしてお客様の手にわたるまでには、どれだけの「コミュニケーション」が介されているのだろう。モノによるが、一人で完結するようなことはまずありえない。たとえば1枚のCD。これを企画し、形にし、お届けする。だんだん最後の工程に近づいてくると緊張するものだ。最後の瞬間まで気を抜きたくない。料理でいえばスパイスを効かせたり、ちょっとしたトッピングをして仕上げるように、何かいい方法はないかと考えてしまう。商品が多少おいしくなくても美味しく見える工夫?というわけではないが、どの工程でもベストを尽くしたい。結果のベストではなく過程のベスト。そしてコミュニケーションにも何かしら自分らしいスパイスをふりかけたいのである。思いつくは楽しいが大勢の方に対して「一対一」として働きかけていくことは結構な体力気力勝負である。でもゴールが近いとやっぱり走れるものなのである。
[PR]
by mahsa1203 | 2011-04-23 01:11 | words
自家発電できる人になる。
日常業務の合間、派手な装いに着替え、定例のボランティア演奏に出かける。出かける前はいつも時間に追われて、練習も皆無で何をやるかは電車のなかで考える。会場に行って、患者様たちが待っている空間に導かれると、瞬時に本番モードに切り替われるのが自分でも不思議だ。1時間弱の演奏とトークを心を込めて行う。あちこちで鼻をすする音、一緒に突然大声で歌いだす人、車椅子を急に動かす人・・いろんな化学変化にも慣れてきた。集中して私のことを見聞きしている人がいるという空気はなんともいいものだ。演奏が無事終わる。終わらない拍手をいただく。するといろんな患者様がそばに来てくださる。「最近、先立った主人を思い出して、涙が止まらなかった」と泣きはらした顔でお話しされ、ご主人や息子さんのことを教えてくださる。あるおじい様は「明日、退院です。今日お会いできて本当によかった」とうれしそう。確かにもう3回か4回はお会いしている常連さん。退院だから完治したというわけでもないから、なんといってよいのか・・。握手して「お元気で、またどこかでいつかお会いしましょう」と声をかける。すると後ろのほうで、しわくちゃ顔の(といったら失礼だけれど本当にそうだから)おばあさんが「ありがとう、ありがとう」といってくださっているので近くへ行くと泣きながら「私はもうすぐ百歳になるんや。こんな年寄りにこんなに一生懸命な姿を見せてくれて、本当に本当にありがとう。長生きしてよかった、よかった」といわれ、こちらももらい泣き。100歳のおばあさまに感謝されるとは。もったいない。しかもそのお婆さんは演奏中、ずっと私の後姿しか見えない位置におられたのに。胸いっぱいで、帰るときはまったく違う自分になっている。今、日本で多くのボランティアの方が活動されていると思うが、ボランティアだから偉いとか言う人がいたら大きな勘違いであって、自分がすべき、したいと思ってやっているだけのこと。その一生懸命の姿を相手が見て感動、感謝するのだ。ボランティアをすることで、(もちろんそのことだけではないが)自分を自家発電できるような気持ちになるのは私だけだろうか。人はエネルギーを消費して生きているがエネルギーを創成し、蓄積しなければ消費もできない。少なくとも私は日々の活動から自らエネルギーを生み出すきっかけをいただいているように思う。もちろん一人の力ではない。周囲のおかげによる。自家発電できる人を目指す。それがいい。だからボランティアもラジオもそれ以外もどんどんする。
[PR]
by mahsa1203 | 2011-04-22 05:36 | words


カテゴリ
全体
メッセージ
words
インフォメーション
旅・出会い
La Grande Roue Web
URL
過去のWords

What's New ---更新情報
以前の記事
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
9月1日よりマーサブログが一..
at 2014-08-31 11:08
「シャキッ」と「グニャッ」と..
at 2014-08-31 05:47
本日オンエアです。
at 2014-08-30 08:06
「新しいから」 ではなく、「..
at 2014-08-30 04:00
「これから何になろうかな?」..
at 2014-08-29 04:23
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

FM KENT 愛の元気人

Mahsaセカンドアルバム Nostalgic Rouge

MahsaオリジナルCD&エッセイ