つれづれなるままに...
by mahsa
Top
<   2010年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧
オトコは「細胞」、オンナは「血液」か?
久しぶりに再会した友と語り合う。今の会社組織はじめ、社会は男性社会だと、でもそれはそれでいいんじゃないとか話しながら、男と女の性差について話題が発展する。「男は細胞。だから、それぞれの細胞が元気じゃないといけない。でもそれ単体ではバラバラな感じで放っておいたらそのうち死んでしまうかも。女性はその細胞同士をつなぐ液体のような存在。大切な役割だよね」という面白い結果に達する。そうそう、確かに男は細胞である。元気に活かさねば社会自体が滅びてしまう。女はその細胞ひとつひとつが元気に組織で生きていけるように自ら流れながら、細胞同士を生命体に進化させるいわば、いのちのナビゲーター。貴重かつ大切な視点である。確かにと大きくうなづける。もうひとつ、オンナは「液体」だから決まったカタチがないのがいい。
[PR]
by mahsa1203 | 2010-11-30 06:02 | words
人生は「思い出づくり」の旅
ラジオ番組のネタをいつも考えるときに、最近のことももちろん思い出すが、何年も前の感動を心の奥のポケットから探してくる・・・そんなことが多い。人の幸せは何だろう。もちろんお金がたくさんあったらそれはそれでいいだろうが、それよりも、今の自分にいえるのは、素敵な思い出がたくさんあるほうが幸せだということ。万一、「はい!今日で人生ここまで!」となったとしても納得できるし、あるいはもしも突然にカラダが動かなくなっても、頭と心さえ動いていれば追体験でき、何度も感動することができるはず。そのときには、素材となる肝心の「思い出」自体がなければならない。メモリーというと、コンピュータ用語では単に容量のイメージがあるが、人生のメモリーとは素敵な記憶、質的記憶だと思う。おかげさまで、今、自分のなかにはたくさんの「ありがとう」が詰まった思い出ポケットがある。そして、毎日それをもっともっと増やそうと思っている。思い出だけが、最後に人生を決めてくれる。いつしかそう信じている。だから、毎日がかけがえのない思い出になるように生きたい。もちろん、人は忘却していく存在でもあるから、あくまでも自然体でよい。
[PR]
by mahsa1203 | 2010-11-29 05:59 | words
ふれあいコンサートの記事掲載
当ブログでもご紹介済みのさる11月23日開催のすヾきやさん50周年記念のふれあいコンサートのことが、27日付新潟日報に掲載されました。地元の方よりお知らせ・メールいただき、誠にありがとうございました。
a0144517_1355083.jpg

[PR]
by mahsa1203 | 2010-11-28 13:56 | インフォメーション
タイムトリップで自己確認
美術館や博物館・・・とにかくMUSEUMという空間が大好きである。とくに自分は人文・社会科学系が好きではあるが、男性だと自然科学系が好きという人も多いかも。確かちょっと前の映画にも似たシーンがあったように思うが、時々、夜中のMUSEUMってどうなんだろうと勝手に想像して一人で盛り上がっていたことがある。ぞーっとするのである。歴史上のお宝、証拠品、人の魂の入った作品や物品が現在に遺され、展示されている空間である。もともとそこに居るために生まれてきたものたちではない。それらが昼間はじっと展示されているが、夜になると動き出すという想像である。彼らは生きているに違いないと思うことがある。いつか、フランスの軍事博物館へ行き、身の毛がよだった・・そんなときも確かにあった。歴史は生きている!その実感を得ることができる貴重な空間が、このMUSEUM。今、いくつかのMUSEUMのメンバーになっている。いずれも自分がその作品維持にまではいかなくとも、なんらかのカタチで応援したいという気持ちで入会し、また勉強させてもらっている。国内にも最近、応援したいと思えるMUSEUMが増えつつあるように思う。今回たずねた上野の国立博物館。訪ねたのは数年ぶり。いやいや、国際的にもひけをとらない垢抜けぶりに驚いた。リニューアルされたデザインが良い。またうれしかったのは、現在展示中の東大寺の宝物への人気。奈良時代の仏像たちに老いも若きも日本人たちは誇りと尊敬をもってじっと見入る。日本文化ならではの表現、発信に感じ入っていたようだ。雅びかつ繊細な伝統美を自然体で受け留めることができるのが日本人。やはりそこが日本人の素晴らしいところ。そして思うのは、人はもっともっとタイムトリップすることで、歴史と対話することで、自分の役割を再認識できるのではないかということ。ただ生きているだけで終わりたくない気持ちになる。人は可能な限り、もっともっとトリップしたら良い。空間上であれ、時間上であれ・・とても有意義かつ不可欠なことである。
[PR]
by mahsa1203 | 2010-11-28 05:23 | words
「男として」と言い切る
若い人たちとの仕事、楽しい。迷いっぱなしの人もいるけれど、どうしたら浮上できるか真剣に悩んでいる。そんなときは一歩一歩着実に前進できる生き方のヒントをそっと差し出す。ある若者は、見た目は青年になりかかっているが、生き様は少年のようにまっすぐでパワフルである。「ぼくは社長が将来、名誉会長でも何でもいいので、名前だけあれば、あとは世界のどこかでクルーザーにでも乗っていてもらって、衛星電話で話ができて、どこにいていただいてもいいように、そんな会社になるようにがんばりたいと思っているんです。それと、毎日社員の誰かが社長に食事をご馳走できるような・・・。そうなるためには僕らががんばらないといけないんです」と目をキラキラさせて嬉しそうに夢を語る。「そうなったらいいね。なれるよ~」と言葉を時々挟みながら、静かに聞いている。社長は幸せだろうな~。だからまたがんばれるんだろうな~と社長の顔も浮かぶ。一生懸命働く若者は、宝石である。やっぱり大好きである。可愛くて仕方ない。だから、私も一生応援する。皆、目を閉じると浮かんでくる好青年。彼らは今どき「男として」とか「男なら挑戦しなくちゃ」と言う。とても素敵だと思う。超ポジティブな環境には、そういう素地がある人が集まり、またそのように育っていく。いいことだ。がんばれ、ニッポンのオトコたち!世代を越えて・・。
[PR]
by mahsa1203 | 2010-11-27 05:56 | words
「やり残し」なしで「完生」
「食べ残し」はもったいない。では、「やり残し」は?・・こちらももったいない。何がもったいないかといえば、「人生」がもったいないと思うのである。かといって、いつもいつも決めたことが全てやり切れるかどうかは現実的にはかなり難しいけれど。軌道修正しながらも自分が進みたい方向へと行動を続ける。今年のはじめに決めたこと。いくつかあれど、このデイリーブログもラジオ番組もボランティアも自分で決めた今年の挑戦であった。回数は数えていないが、行動とともに月日が経過し、やっていなかったときの自分との違いを日に日に感じるようになる。ふとポスターに10回目と書いてあり、よく続いたものだと。安堵する。自分より人様が自分の行動を覚えていていただいて、ありがたい。それにしても、10回とか10年とか言葉でいうと瞬間であるが、なかなか長くて重いものだ。さあ、今日も「完食」ならず、「完生」を目指そう。
a0144517_2024519.jpg

[PR]
by mahsa1203 | 2010-11-26 05:38 | words
PASS AWAY
明暗、毎日いろんなことが巡ってくるのが人生と実感する今日この頃。先週急逝してしまった友人の妻から、メールが入る。メールアドレスは生前の友人のアドレスから・・。そこに『HE PASSED AWAY』という表現が・・。これが亡くなったという意味なのだ。PASS AWAYか・・。時として英語の言葉というのも漢字とは一味違う、考えさせられる意味合いをもっている。PEACEFULLYとあったので 苦しまなかったかなとちょっと安心したり・・。それでも、その妻がこのメールをどんな顔で書いていただろうと想像すると、彼女の泣き顔が浮かんで消えない。激励と祈りをありがとう・・と結んであった。心の中ではずっと一緒。永遠に一緒だとそう思って彼の分も一緒に生きてほしい。そしてこの彼のメールアドレスは消さないで欲しい。そういえば、昨年亡くなった京都の友の携帯アドレスも消さないでいる。かかってくるはずもないのに・・。
[PR]
by mahsa1203 | 2010-11-25 04:45 | words
とことん地域密着で祝50周年
食品スーパーマーケットの創業50周年のイベントで感謝のライブコンサートを担当させていただいた。そのお店はとことん地域密着を実践され、このブログにも何度か登場いただいている。新たにできた地元の小学校の公民館に70名ほどのお客様が開始時間より早く集まってこられる。申し込みを開始してすぐに定員を超えたと聞いていた、皆さん楽しみにおいでのようだ。尺八とピアノのコラボ、ピアノ弾き語り、尺八ソロ、トーク・・・いろんな組み合わせの幕の内弁当のような満載プログラム。90分の予定が時間延長、大変盛り上がった。ちなみに50年前の日本は・・。カラーテレビ本格放送が開始され、当時のカラーテレビのお値段17インチで42万円。珈琲1杯60円、お風呂17円・・「家つき、カーつき・・・」の言葉が流行ったのもこの年だとか・・。そんな話も織り交ぜ、今昔を懐かしみ、長い月日を回顧、50周年の節目を皆で祝う。最後に、オリジナル曲のプレゼント。例によりギリギリの前日に涌いてきて急いで書き留めたものであるが、タイトルを「縁歌(えんか)」と名づけた。その曲の披露までに全精力を使い果たし、本番で記憶が一瞬頭から飛んだというハプニングもあったが、それも想定内。お客様が温かく最後まで見守ってくれて「素晴らしい歌だから皆で歌いたい」「歌詞が欲しい」との声をいただいた。いい仕事をさせていただいた爽快感で帰路に着く。すべてが手作り、すべてが「田舎らしい」。そういうところに呼んでいただけるのが最高の誇り。改めてすヾきやさん、創業50周年おめでとうございました。100周年のときも皆さんで会いましょうという挨拶が心に残るいい記念事業であった。添付は店内で告知していただいた様子と当日の会場の様子。ライブで進呈したお祝いの作品「縁歌」の歌詞はこちら。
http://www.mahsa.jp/poemf10.html
a0144517_22324730.jpg
a0144517_22341880.jpg

[PR]
by mahsa1203 | 2010-11-24 05:34 | words
突然、会えなくなった友へ
当ブログでも最近書いた台湾の友人のこと。さきほど上海の親友から、すでに彼はおととい亡くなったとメールが入る。え?!そんな、そんな早すぎる。彼にエールの詩を贈ったのが10日前。そんな早く逝ってしまうとは。詩のおかげで長生きするどころか、こんなに早く・・・詩は何の効果もなかったか・・・。最後に会ったのはこの夏。台北駅の2階のカフェ。急いで台中の出張から戻ってじくるのを夫婦で待っていてくれた。取り扱うことになった新しい商品を見せてくれて、喜んでこれからのビジネスや彼らの教育論を語っていた。あのときは、とても元気だった。あれっきりとなった。どうすればよかったのだろう。どうすればもう一度会えたのだろう。どうすれば・・。今思えば、あの握手が最後だったかと、ぼんやり最後の場面を思い出すが、分かれる瞬間の顔を思い出すことができない・・。悔いはないけれど、もう会えないと思うことができない・・。突然こんなこともある。だから大切な人とは悔いが残らぬよう、ちゃんとしておかねば。本当にいい友だった。彼に捧げた詩~will~は天国へのお土産にもっていってよねと会えない友に冗談交じりにひとり云うが、まだ信じられない。合掌
[PR]
by mahsa1203 | 2010-11-23 00:22 | words
「おまけごころ」がうれし、たのし。
農家とのおつきあいも年々増え、直接作物を送っていただくことが多い。その荷物が届くのを待つのはとてもうれしい。顔も人も知る方たちが自ら作られた子どものような農産物たちが箱に入って到着。荷を空けると、キレイな手書きのお手紙が入っていたり、注文したもの以外に、畑でとれたおいもが新聞紙にくるまれて入っていたり、新年のご案内としてお餅のチラシに稲穂付きのお餅サンプルが添えてあったり・・・。さすが心を込めて作物を育てておられる方らしく、心を込めた送り方をされるケースが本当に多いのである。事務的でないところが大好きだ。ちょっとした気遣いで相手の心に沁みるもの。「おまけごころ」は大切なサービス精神。マニュアルにはない、そのときの、その人のおもいやりなのである。楽しいおまけごころに触れることができると、なぜか1日が心豊かになる。この週末もうれしい箱が届いた。生産者の方の想いに触れることができ、収穫の秋を実感させていただき、とても幸せである。
[PR]
by mahsa1203 | 2010-11-22 05:10 | words


カテゴリ
全体
メッセージ
words
インフォメーション
旅・出会い
La Grande Roue Web
URL
過去のWords

What's New ---更新情報
以前の記事
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
9月1日よりマーサブログが一..
at 2014-08-31 11:08
「シャキッ」と「グニャッ」と..
at 2014-08-31 05:47
本日オンエアです。
at 2014-08-30 08:06
「新しいから」 ではなく、「..
at 2014-08-30 04:00
「これから何になろうかな?」..
at 2014-08-29 04:23
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

FM KENT 愛の元気人

Mahsaセカンドアルバム Nostalgic Rouge

MahsaオリジナルCD&エッセイ