つれづれなるままに...
by mahsa
Top
<   2010年 07月 ( 36 )   > この月の画像一覧
命を振り絞る生き方
数年ぶりにお会いしたアーチストのチャリティコンサートに顔を出す。絵も描けば、バイオリンも弾き、おまけにバイオリンを作ってしまう。。というマルチなタレントをお持ちのMさん。最近の音はどんなだろうかと会場に足を伸ばす・・・。予想どおりの深く、まっすぐで、清らかな音色。年を重ねても変わらぬ少年のような純粋さ・・。このメロディにのって、ついこの方の人生は何だろう、人の表現とは何だろう、真の芸術家の生き方とは・・と自分のそれと重ね合わせながら聴いていた。私のような半端な生き方でなく、芸術とともに、芸術のためだけに純粋に生きているその姿勢に頭が下がる。そして、その美しい音色、そしてその音を放つカラフルにペイントされたバイオリンに、なんともたとえようのない凝縮された命を感じる。この方はすべての表現に命を振り絞っている。ぎゅっと絞られているから濃い。人は命を振り絞ると最高のパフォーマンスを、魅力を放つ。どこにも属さない生き方を貫いておられる姿に感銘を受けると同時に、早いうちにコラボしなければその命も永遠でないことを思ったりする。そのうちそんなに遅くなく・・実現させると決意。共通のレパートリーがあり、バイオリン1本で奏でる「愛の讃歌」と「エルチョクロ」も拝聴・・・私のそれと違い線が細くやさしかった。いついつまでも、少年のまま素敵な表現を続けてほしい。
[PR]
by mahsa1203 | 2010-07-31 07:30 | words
YOU TUBEに新曲アップ
さる7月17日京都ライブで初演奏しました新曲「紅い灯ゆらり」をYOU TUBEにアップしました。ライブからの録画で、演奏前のにぎやかしい?語りも少々入っておりますが、ご容赦ください。
「紅い灯 ゆらり」で検索できます。
またホームページにはこの歌詞もアップしていますので、あわせてごらんください。

http://mahsa.jp/poemf10.html
[PR]
by mahsa1203 | 2010-07-30 17:34 | メッセージ
ひとり何役、1日何役の愉しみ
朝から書き物・調べ物・調整・連絡・・・といったデスクワークを済ませ、午後から病院での演奏ボランティアに向かう。何十名の患者様たちに向かいて、赤いドレスで歌い、弾き、話しかけ、盛り上げ、汗びっしょりになりながら、「元気、元気、感動、感動」と心で叫び回復を祈る。演奏開始直後には硬直し、うつろな表情であった患者様が、1曲・2曲進んでいくうちに表情が変わり、演奏が終了する頃には、一般の人と変わりない対話ができるようになる。その変化を見届け、余韻を背中に感じながら、演奏が終わるやいなや、着替えを済ませ駆け込み電車に乗りこむ。次はマーケティングの勉強会。バッグから資料を出し 電車のなかで頭のチャンネルを切り替え、話す中身を整理する。そして訪問先の企業で予定どおり開始。間に合ってよかった!1年続いた勉強会の最終回は感慨深い。力も入る。こんなに成長したんだ!大きくなったな~。うれしく発表を聞きながら、話をまとめ、勉強会の最後にもサプライズで歌を歌う。そして、その仲間たちとの懇親会の幹事。美味しく楽しい時間を夢と希望に燃える若者たちと過ごす、そして最後にお花のプレゼントをいただき、まさにサプライズのお返しをいただく・・・無事に全ての外交プログラムが終わる。今日は1日何役だったか。いろんな役を演じることで、そこから導かれる真理も見えてくる。ひとり何役もできる生き方、もっといえば毎日いろんな役を演じることができる生き方はやはり面白い。しかし、1日何役もこなした日こそ、眠りつくときには「無」になる。毎日がありがたい。さあ、今日はどこでどの役?
[PR]
by mahsa1203 | 2010-07-30 05:18 | words
「受容」もコミュニケーション力
生き残るために、伝える力を習得する、プレゼンテーション力を磨くとか、発信やアウトプットの修練に余念がないのが最近のビジネスマンの傾向のひとつであるが、「おれがおれが」「自分が自分が」「わたくしが~」と自分のことばかり発していてもコミュニケーションがうまくいかないような気もする。滑らかすぎる自己満足的なオーバーコミュニケーションは聞き手を疲弊させることもある。ああ、いつまでしゃべっているのかな~。早く終わってくれないかな~。と思わせたら危険信号である。日々のコミュニケーションで最近つくづく思うのは聞くことの大切さ、むつかしさである。相手の方が一生懸命にただ語られることも多い。そんな場合は話についていくのがしんどいこともある。何をいわんとされているのか思考回路をぐるぐる辿りながら、一生懸命に聞きながら相手の方の満足のタイミングを図るようにする。いっぱい話す人は話すことで頭の整理をされたり、心の浄化をされていることも多い。そして聞いてもらえることは幸せであり、安心であり、自分の確認にもなる。人に聞いてもらえることで迷いが整理できることもある。ちゃんと聞ける人、気持ちよく相手を聞き、認めることができる人はきっとあとで福が巡ってくるような気がする。人が自分にいっぱい話してくれるということは選ばれている証拠だから、しっかり「聞かせていただきます」。いっぱい受け留められるにはなんといっても。日頃から自身の器を磨いておくことが大切だ。
[PR]
by mahsa1203 | 2010-07-29 05:53 | words
鳥肌が立つオンナ
ライブで語り、歌い・・。言葉を書いて伝え・・。この1週間で2度もそれぞれ違う方より「鳥肌が立ちました」との感想メールをいただき、驚いた。かつてそういう表現はあまりされたことがなかった。鳥肌がたつとは、恐怖体験を味わうような、それに匹敵する冷刺激の状態を指し、言葉を超え、心以上にカラダが(まさに皮膚が?)反応してしまう状態なのである。突然に想定外のショックが襲ったときの感覚・・・。であればそれは「伝え手」としては、素直に喜ぶべきことかもしれない。何も感じてもらえないのではなく、言葉にならないほどの刺激を感じていただいたこと、それぐらいインパクトを相手に伝えることができるのはうれしいこと。しかし、相手が鳥肌状態になるかどうかは、そうそう意図してできることではない気もする。そしてひとつ間違えると、嫌悪感の鳥肌状態になってしまうので、やはり意識・意図すべきことではない。心だけでなく体にまで影響を及ぼすコミュニケーション・・・。まだまだ伝えることにはあくなき探求が必要だ。カラダの奥底をつつくような、・・瞬間の「感応」が感動となり、生命に新たなパワーを与えることがある。
[PR]
by mahsa1203 | 2010-07-28 05:28 | words
丸い背中の勲章
地方より団体さんが観光バスで上京。隅田川屋形船・明治神宮・都庁・靖国神社・浅草をめぐり8時間をかけて帰る1泊2日ツアーとのこと。1日目のプログラムを終え、ホテルにチェックインする行列をみかけ、その元気な様子に圧倒される。暑さにもかかわらずご機嫌・ご満悦の面々。その後、そのなかの老夫婦に会う。東京へ来たのだからと15分か20分ほどとくに用事もないが、「顔見せ」だけ。まさに面会である。ホテルの部屋のリモコン操作のチェック、お風呂にお湯入れ、備品の確認にたわいない話を少々。せっかくホテルまでやってきてくれたのだから、今度はロビーまで見送るといい、部屋から出て下まで付いてくる。東京のホテルに泊まるのはやはり胸ときめくのだろう。閉店直前のみやげ物店で、ご近所様への「東京土産」を探す。「じゃ、もうここでいいわ。また今度ね。明日も気をつけて帰って」さりげなく、照れくさい会話を交わし、別れる。ふと、無事ひとりで部屋へ戻れるだろうかと振り返ったとき、小さい背中の丸さが目に刺さる。その背中におんぶされて、大きくなった。いつまでもこうやって、元気に旅をしてほしいと、胸いっぱいになりながら、その背中が見えなくなるまでじっとしている。なんだか涙で前が見えなくなった。なぜかわからない。背中は一生懸命生きてきた人の勲章。あの背中を見ると、自分のふんばりなぞどうしようもなく小さくて、そして今の世の中で蔓延している見かけ、見た目のかっこよさなどどうでもいいような気持ちにもなり・・。愛する人たちは、絶対にいつまでも元気にいてほしい。それだけが願いである。
[PR]
by mahsa1203 | 2010-07-27 05:37 | words
若者の夢のカタチ
a0144517_8131953.jpg
仕事場で、若いフォトグラファーに出会う。他の撮影をされていたところに無理をいって、ついでにと撮ってもらう。なんとなんと素晴らしい表情キャプチャーである。彼は20代おそらく前半。何週間か前に話をしたことがあったのであるが、彼は自分自身を「写真と人生の探求者」と定め、人生の夢をたずねると、「写真になりたい。世界の全部を知りたい」と言い切る。彼にとって仕事は自分が自分であることの証しだという。その想いが確かに1枚1枚に込められている。「今度、また撮らせてください」とも言ってくれた。撮ってあげるではなく、撮らせてくださいか・・。どんな仕事をしていても、長年やっているとなんだかプロ錯覚になってしまうことはないか。彼との対話でそんなことにも気づかされる。今度、新潟の町を背景にいろいろ撮っていただくのが楽しみである。彼にとってはシャッター1回1回が自分の確認なのかもしれない。貴重な1カットをここに。
[PR]
by mahsa1203 | 2010-07-26 05:21 | words
次なる放送は7月31日(土)18時30分~
おかげさまでご好評いただいておりますハッピーコミュニケーションプログラム「愛の元気人」4回目収録も無事終了しました。今回のゲストは、新潟から「ろうそく」文化を発信、大活躍の小池ろうそく店 店主 小池孝夫さんです。炸裂トークと笑いで夏の疲れを癒しませんか?
次回放送は、7月31日(土)18時30分~ FM KENTO 76.5MHZ。
新潟市内以外の方は、どうぞインターネットからお聴きください。
URLは、www.fmkent.com
こちらは、ゲスト小池さんと、大越ディレクターと 収録後の1ショットです。
a0144517_819302.jpg

[PR]
by mahsa1203 | 2010-07-26 05:20 | メッセージ
言葉は言霊、夢を創る記号
毎日私たちは、あたりまえのように言葉を発して生きているが、この「言葉」という存在は改めて考えてみるとすごい。これがないと、人はコミュニケーションができなくなる。口に出して、文字で書いた言葉を聞いて見て、相手ははじめて理解してくれるのである。言葉がないと伝えようがない。ところで、人類の歴史において「話す」のと、「書く」のはどっちが先に生まれたのだろう。勝手な想像であるが、おそらく話す方が先であったと思われる。目の前の対象にとりあえず伝え、生存していくために「話し言葉」は必要であったに違いない。その後、目の前にいない対象に伝えるために(時間的・空間的理由で)「書き言葉」は生まれたのであろう。そして書くというコミュニケーションは大変高等な手段であり、書くことで人間は現実から夢に向かって動き出すこともできてしまう。小説や素晴らしい文学が生まれるのも「書く」という行為のなせる技であり、また日常レベルでも「書く」ということは自分との対峙・セルフコミュニケーションにも役立つのである。最近、まったく書かずして、「打つ」ことが重視されている傾向があるが、言葉をちゃんと伝えたいならば、その意味と役割をしっかり把握しておきたい。もちろんツールは使い分ければ良い。言葉は人間のまさに言霊であり、夢への記号なのだ。だから、しっかり吟味して発するようにしたい。
[PR]
by mahsa1203 | 2010-07-25 05:27 | words
「へとへと」の先にあるもの
セミナーでも、公演でもその直前まで頭にあった他のことをすべて忘れて、時間内はそのことだけに集中する。いつの間にか「集中、集中。」と自分に言い聞かせる習慣がついた。集中することで、ない頭も小さいカラダもフル回転になる。そして終わる。気がつけば、とくにカラダを使う演奏の場合などは全身汗だくのことが多い。拍手をいただいたり、いろんな言葉をかけていただくことで、その直後はしっかりしているが、控え室などへ入ったとたん力が抜ける。さきほどまでピーンと張り詰めていた緊張の糸が切れて、ぐったりする。着替えをするにも一仕事。でもそこで休むわけにはいかない。そのまま荷物をもって長距離移動。やっと乗り込む電車のなか、疲れきった頭と体は逆に自分を休ませてくれない。「へとへと」なのに、テンションが再び上がってくるのである。お客様や受講者の皆さんの声や顔を思い出しては、「よかったよかった」「ここをこうすればもっとよかった」とひとり反省会をしはじめるのである。疲れ果てると 妙に次なるパワーが涌くものである。「へとへと」になるまでやり切るのはある意味心地よい。もちろん毎日続くのは回復が追いつかないため、やめておこう。
[PR]
by mahsa1203 | 2010-07-24 01:10 | words


カテゴリ
全体
メッセージ
words
インフォメーション
旅・出会い
La Grande Roue Web
URL
過去のWords

What's New ---更新情報
以前の記事
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
9月1日よりマーサブログが一..
at 2014-08-31 11:08
「シャキッ」と「グニャッ」と..
at 2014-08-31 05:47
本日オンエアです。
at 2014-08-30 08:06
「新しいから」 ではなく、「..
at 2014-08-30 04:00
「これから何になろうかな?」..
at 2014-08-29 04:23
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

FM KENT 愛の元気人

Mahsaセカンドアルバム Nostalgic Rouge

MahsaオリジナルCD&エッセイ