つれづれなるままに...
by mahsa
Top
カテゴリ:words( 1672 )
「シャキッ」と「グニャッ」と気持ちの関係?
週末、仕事をしながら、その合間、下手な料理をする。企業さんの新商品のお試しだったり、農家さんの野菜であったり、使わねばならない食材が常にある。そのなかで、好んで消費しているのが、新潟の野菜だ。農家さんや、田んぼ、畑、直売所・・・いろんなものがパノラマ状に頭に浮かびながら、つかの間の料理を楽しむ。実は、野菜を切っているとき、幸せを感じている。あのシャキシャキッとした音はなんとも心地よく、ストレス解消にもなり、いい音してるな~と悦に入る。一方、苦手なものは、肉屋を魚を切ることだ。実は血が苦手であるため、極力肉類は、切りたくない。野菜にも命はもちろんあるのであるが、動物に直接接触するのがどうも・・・。たまに、切るとあの「ぐにゃっ」という感覚が不快である。ああ、いやだ、ああごめんなさい。そんな気持ちになるのだ。だから、相対的には野菜に好感をもっている。
それにしてもこの「シャキッ」と「グニャッ」はいろんな意味で正反対だ。前向きと後ろ向き?前進と堕落?というぐらい違う印象だといえば大げさだろうか。わたしは、やっぱりシャキッとした気持ち、食感が好きだ。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-08-31 05:47 | words
「新しいから」 ではなく、「自分に合っているか」
出張が多く、外泊は年間かなりの回数になる。年間80泊ぐらいしているのかも?ホテル選びはなかなか重要だ。昔、寝るだけでいい!と思っていたときには、国内・海外ともにホテル選びは今から思えば安ければいいということで選んでいた。ひどい部屋にも何度も出会って、その旅自体が不快になることもあった。今は仕事で行くことがほとんであるため、宿は仕事場であり、旅先での生活の場。外泊しすぎて外食も飽きてくると、それこそ部屋で食事をするということも増えてくる。新しいホテルができたからという話を聞く。新しいのはいいことだ。すべてが新しくて、キレイだから安心・快適だ。ためしに泊まってみるのはいい。そして泊まってみる。うん?こんなところは今いちかなとサービス面、また部屋から見た眺め・・・など結局は新築かどうかだけでなく、総合的に判断して、次も利用するかどうかを決めるようになる。
新しいだけではダメだ。自分のライフスタイルに合っていることが大切。
あちこち泊まるのが好きという方もおられるし、その方法もいいと思うが、私はわが家のごとく過ごせることが一番だ。要するに無理が効く?家族のような感じがするホテル。
いずれにせよ、このジプシーな暮らしは、自分の生き方にとても合っている。
また、ホテル選びはもしかしたらパートナー探しと同じかも?少々古くても自分に合っているか?
[PR]
by mahsa1203 | 2014-08-30 04:00 | words
徐々?すっかり?おばさん?
言いづらいことを相手に伝えることは、とてもパワーが要る。
おかしいなと思うこと、不快なこと、どうしても言わないとこちらに迷惑がかかること・・・世の中にはいろんな「撃退したいこと」があるけれど、往々にして自分の都合でそう思うのである。自分が不快、自分が迷惑と感じるのであって、相手にはそれはわからない。
でも、その不快感をそのままにしておくと、人間関係が悪くなったり、仕事がはかどらなかったり、もっといえば、相手のためにもならない!とかいう正義感も芽生えてきて、おせっかい心も生まれるのである。
最近、自分はそんなとき黙っておられず、うやむやにはしたくないぞ。という思いで、その発信元、対象である人に伝えることがある。
もちろん単なるクレームとか、文句とは思われたくないし、今後のこともあるから、という意味も込めて、ときには面識のない相手に電話で、ときには自分の半分ぐらいの年齢の若い人にも言うべきことは言おうと思っている。
ある若い人に「こういうときはこうしないと周りが困るよ、仕事をうまくやるにはこうした方がいいよ」と進言した。すると彼女はそれを理解してくれたようだ。「教えていただき、ありがとうございます。これからも何か気づいたらなんでもおっしゃってください」とのこと。
いや~。言いづらいことは、そう言いたくないものだ。気づいたら言うのは、すごいパワーが要ることなんだよ。と心の中で思いながら、でも自分自身、それを最近結構やっているな~。疲れを知らないおばさん?おばさんは、恥じらいのない人のことか?いや、安定感がある人か?わからないけれども、素直に実直に生きたいだけだ。自分の中にため込むだけでは何も解決にならないのだから。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-08-28 04:03 | words
懐かしく思い出す、とっておきエアメールの時代
小学校の頃、一緒に合唱した海外の人々。ソウルやウィーン、またルーマニアの合唱団というのもあった。公演時に住所を慣れないローマ字で交換し、そのあと手紙を出し合った。残念ながらその文通は2回ぐらいで終わっていたが、届くかなというドキドキ感と、返事がきたときのあのエアメールのスタンプ付きの封書は、今思い出しても懐かしく、そのときの彼ら彼女らに今も会いたくなる。ああ、ずっと交流しておけばよかった。電子メールもなかった時代だ。懐かしい。ルーマニア合唱団の仲間からのお手紙はかわいらしかったな~。イラストが描いてあって、みているだけで海外旅行しているような気分だった。
と、40年ほど前の体験を思い出す。今はネットの時代だ。出会った人と、出会わない人とも簡単に出会える。その感激は依然より薄いかもしれない。が、海外で出会った日本人に久しぶりに会いたくなるときがある。自分の中に違う風を送りたいときだ。メルアドを忘れても検索すれば出てくるという恐ろしい時代・・・でも、元気にがんばっている様子がサイトの更新記録で確認でき、安心もする。
ネットがなければ、こんな風に久しぶりであっても、思いのままコンタクトすることは難しい。エアメールは1通1通が宝物だった。心をこめて手紙を書き、緊張して住所を書き、切手を貼って いつもと違うポストに入れる・・あのドキドキ感が今はない。ときどき思い出そう。海外に、世界に大きな夢や想像を膨らましていたころを。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-08-27 04:32 | words
挑戦する意欲が湧きあがる、季節の変わり目
あまり暑いと、何もやる気がおきない日もある。友人からのメールでは、久しぶりに郊外のアウトレットへ行って、買い物でもと思っていたのにあまりの暑さに、どうでもよくなり、収穫なしで帰ってきた・・・という報告もあり・・・。確かに暑すぎるといろんな意欲、欲望が枯渇するのかもしれないし、こうしようああしよう!と人間が前向きになるには、それなりの最適な条件があるようだ。南国~インドネシアのことだったと記憶するが~そこへ行った作家がそこに魅了され、そこに住みつき、そこで小説を書いた。タンナピナピとかいうタイトルだったが南国へ行くとだらりとして、なんでもいいや。という感覚になってしまう・・そんなちょっとした退廃的なことを意味していたのだと思う。とにかく、暑すぎると前向き、行動的にはなりづらいものだ。
そうはいっても、季節は移る。ここのところ、少しだけ秋の到来を感じることがある。あ、この風は・・・。心躍る瞬間だ。その瞬間に、何かやる気が湧きあがるのである。これまで止めていたやりかけのこと、もう少し後でと思っていたこと、躊躇しためらっていた新たな行動・・・いろんなことが具体的にやらねば!という体制に替わるのである。やっぱり秋以降は、私にとってのシーズンインだ。この気持ちが萎えないうちに、今からどんどん前に進もう。今年もあと3か月しかないのだから・・。と、急に自分の背中を押してみる8月最終週だ。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-08-26 05:07 | words
高校野球は日本人を元気にする!
わがふるさと岐阜のチームは、早い時期に敗退してしまい、さびしい限りであるが、新潟の日本文理高校が準決勝まですすんだ。
新潟は全国でも有数の野球立国である。朝野球がさかんであり、大人も子供も野球が大好きだ。前にもブログに登場したが、野球人生!というマスターが経営している居酒屋もあり、野球が人々を健康に元気にする…新潟に行きはじめてそのことを学んだ。
タクシーの運転手さんとも、その話題から会話がはじまる。先日もちょうど試合時間かな?というときに車に乗ったので「勝ってますかね?」といったら、「さっきまで勝ってましたよ。ちょっとラジオ付けましょうか?」と運転手さんがラジオのスイッチを入れた・・・するとちょうど、大逆転される瞬間で、私たちがきいている2~3分の間に3点を一気に入れられ、逆転されてしまった。「ああ、ラジオつけなかった方がよかったですかね。消しときますか」とラジオをOFFにし、負けたか~と思って残念に思い、その日ホテルに戻って夕刊をみると、なんと9回裏で再び大逆転、さよなら勝ちをしていたのだ。新潟日報では号外も出たそうで、びっくり!負けたと思っていたのに、どっこい!である。サッカーのドキドキとまた違う、野球という日本人の気質に合うチームスポーツ。また粘る新潟人にはこれまたうってつけのスポーツかもしれない。ビジネスマンたちも、彼らのがんばりはげみに頑張る。高校野球はプロじゃないからいい点があり、若者の夢の途中というところがまたいい。今回の準決勝は残念な結果ではあったが、よく頑張った。
高校野球は時代が変わっても、変わらぬ日本の夏の風物詩だ。
がんばれ、ニッポン!なぜか勝っても負けても泣いてしまう。がんばる人が大好きだ。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-08-25 04:40 | words
「じじい」の定義
ある70歳を越しておられる方からのメールのタイトルに「生涯じじいと言われたくない〇〇より」と書いてあり、驚いた。どんな意図でもってそれを私宛てのメールのタイトルにしておられるのかを考えた。別にそんなことを書かなくても、常に精力的に生きておられる方なので、そんなこと思ってもいないし、周囲も思っていないだろうに。だからあえてそんなことを書く必要もないし、書かない方がいいのにと思ってしまった。若々しくあるようにがんばっているけれども、やっぱり年をとってきていることを一番自覚するのは自分であるため、自分に強く言い聞かせることで、老いを跳ね返したい・・そんな意志の表れなのだろうか。なんとも言えない気持ちになった。一方、癌を患いながらも元気に仕事されている男性。こちらも同じ世代であろう。久しぶりにお会いしたら「もういいかげん、じじいなんだから、じじいはじじいらしくしなきゃいかんのですわ~わはは~」といいながら、仕事上、的確な発言をされ、そのオープンさと自然さに好感をもった。
お年寄りが「おじいさん」と呼ばれたい呼ばれたくない、いつまでも「お兄さん」と言われたい人もいるだろう。また「じじい」はなんだか見捨てられたような感じだからそう呼ばれたくない・・・とかそんな人もいるだろう。好感をもって「あのじじい」とは呼ばないだろうから、好感をもたれる人でありたいということかもしれない。人にどう呼ばれたいかと常に意識する・・それは、どう見られているかと同義であろう。自分の場合はまだ?「おばさん」と言われることは少ないけれども、見えないところでは「あのおばはん」と言われているかもしれないが、それは自分がそう見えているからだろう。「私を『おばはん』と呼ぶな!」と言うことはできないし、言われたくなかったら、まず自分がそう見えないように努力するのがいい。それにしても、いい年になればなるほど自然体の方がいい。もうシニアといっても世の中の主流がそれなのだから、世の中「じじばば」だらけ。いろんな年輩の方にお会いするなかで、いい年輪とは・・・とつい、思ってしまう今日この頃だ。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-08-24 03:53 | words
雨降って、地固まるうちに・・・
このたび新たに着任された、韓国の駐日大使は、韓国と日本の関係には、今は雨が降っているが、雨が降れば地が固まる。そして降ったあとはより強固な関係になれるはずだと、それに向けて努力をする・・・と、ある意味心強いメッセージを配信されている。
本当にそうなればいい。しかし今日の異常気象はどうか?大雨すぎて、地固まるどころか、地流れる、地崩れる・・・という悲惨な事態になっている。
降る雨もほどほどにしないと、地は固まりづらくなる。
雨は恵みの雨でもあるが、最近の雨は加減を知らない・・・のが一番恐ろしい。新潟からの帰りの新幹線、群馬でこれまで遭遇したことのない雷雨・豪雨に強風。もしこのまま鳴りつづけたら・・・降りつづけたら新幹線が転倒しそうだと無事東京へ帰ることができるようにとずっと祈っていた。これまでみたことがない雨。そんなに降りつづけたら、地は固まらない・・。
地盤が固まる程度の雨降り・・・それは最近何かと難しそうだ。ほどほどに・・・といっても自然は容赦しない。
せめて、人間同士、国同士の雨降りはほどほどに。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-08-23 04:02 | words
世界をみて、自己中心にならないようにと戒める
今、世界の各地で平和とは程遠い殺戮、戦闘が繰り返されている。天災も嘆かわしい悲劇であるが、これは人間の力ではどうしようもできない。それよりも、人間による平和の破壊。先日訪問した長崎でも約70年の月日を経ても傷跡が消えないのに、人類はそれに懲りず、またそれは別世界のこと・・・というかのように、宗教上の違いを理由に報復が正義であるかのように争っている。またほっておけば、領土問題や歴史解釈の違いも精神面での葛藤から、それで済まない戦いになることだって、あるかもしれない。
が、まだ日本は平和な国である。
アメリカのジャーナリストの処刑の映像を観て、本当に人間は恐ろしい、また愚かな動物であると怒りが湧きあがる。なんのためにこんなことをする?自分の主張のため、自分が正しくて標的である相手は間違っている
という解釈?いずれにしても、自己中心な世界観がいろんな問題を引き起こしているように思えてならない。
目には目を・・・という考え方はもうやめてほしい。人間それぞれ違うのが前提なのだから、違いを認めて共存できなければ、自然の脅威に関係なく、人間同士の無駄な争いで地球がいずれ滅びてしまう。
アメリカの新聞のトップ記事には悲しい写真が多すぎる。
人間って自分のことを何様と思うほど勘違いし、本当に愚かで小さい。そんなことを思わずにいられない。
せめて自分はセルフィッシュな人間にならないように、日々戒めたい。
宗教は人を幸せにするためのもののはずなのに・・・・所詮人間が作り出したものだから・・・。人間の自己中心主義から生まれたものであるならば、不要だと思えてならない。
人はみんな、元気で幸せで、当たり前の毎日を自然に生きることが一番幸せだ。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-08-22 03:40 | words
毎日がプレゼン的生き方であれば。
ひとつ前のブログを読まれた方から、「プレゼンで強くなれるよう、これからもがんばります」なんてメッセージをいただいた。プレゼンをがんばると言えるのは、かなりパワーがある証拠だ。
私はどかんと大きな勝負を打ち、相対的に勝負をするコンペよりも、できれば、毎日小さなプレゼンを繰り返し、積み重ね、相対的でなない自分の立ち位置を獲得し、知らないうちに結果がついてくる・・・そんなビジネススタイルの方がいいと思っている。ある生物誌の研究家が、進歩するとは数字を追いかけること、進化するとは質自体が変わっていくことだと話されていたが、数字を追いかけるのではなく、質を高めることで、数字が結果ついてくるようになるのがビジネス的進化だと思う。だから、そのために毎日がプレゼンだ。プレゼンとは・・・よく講演や研修で話す。相手にとって贈り物~プレゼント~を差し上げるようなコミュニケーション活動でなければならない。大きなプレゼントは毎日はあげられないけれど、小さなことはできそうだ。情報提供であったり、アイデアであったり、対応力であったり、聞き役になることもあるだろう・・・とにかく自分の生き方、仕事への向かい方自体がプレゼンであるように、日々心掛けたいのだ。コンペに巻き込まれない独自の生き抜き方をずっと模索実践している。難しくはあるけれどやりがいもある。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-08-21 04:02 | words


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
メッセージ
words
インフォメーション
旅・出会い
La Grande Roue Web
URL
過去のWords

What's New ---更新情報
以前の記事
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
9月1日よりマーサブログが一..
at 2014-08-31 11:08
「シャキッ」と「グニャッ」と..
at 2014-08-31 05:47
本日オンエアです。
at 2014-08-30 08:06
「新しいから」 ではなく、「..
at 2014-08-30 04:00
「これから何になろうかな?」..
at 2014-08-29 04:23
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

FM KENT 愛の元気人

Mahsaセカンドアルバム Nostalgic Rouge

MahsaオリジナルCD&エッセイ