つれづれなるままに...
by mahsa
Top
孤軍奮闘で終わらせない世の中に
たまたま日経新聞の夕刊で、若者の介護についての記事を読み、苦しい気持ちでいたところ、同じ夜、NHKでもそのテーマを取り上げていた。社会人になったばかりの青年が会社をやめ、認知症の母親の面倒をずっと見ている。父が働き、息子が介護。会社はやむなく退職となったそうだ。また、学生のときからずっと寝たきりの父親の介護を続けている女性のことも取り上げていた。若い人で、こんな苦労している人がいるなんて・・。泣きながら今の自分の状況を悔いはないとインタビューに応える顔を見て、こちらももらい泣き。50や60歳になれば、そんなことは当たり前で覚悟する・・・といっても、それでも自分の場合、先日の母親の手術ひとつとっても結構悩み、あれこれ考えた。彼ら、彼女らの苦労、苦悩はそんなもんじゃない。もう現実のこと。自分が看ないと誰にもできない。仕事に行けなくても、学校行けなくても、試験受けられなくても・・。人生が実っていくその時期に介護に時間も自分の体力も気力も注ぐのは大変なことだ。今、元気な強い国づくりということで、いろいろ言われているけれど、経済ももちろんたいへんであり、国際化も大変であるが、日の当たっていない人、どうしようもできない人のこと、もっとどうにかならないものか。なかなか相談できるところも少ないと聞き、
よくがんばっておられると心から尊敬し、自分にはまねできないとも思った。イギリスはいろんな意味で医療福祉の質が高い。きちんと保証されている。日本もそっちの国になってほしい。一位だ二位だという勝負よりも、こっちの方が・・・と強く思う。今、彼らに直接何もできないけれど、自分にできることがあったらとすぐ行動しよう。それにしても、親たちが75歳を越えても、しっかりしているということは本当にありがたいこと。その現実に心から感謝し、当たり前と思わず、自分にできることをしなければ。今回新聞テレビに出ておられた青年たちに心からエールを送りたい。自分にとって親は唯一無二の存在。がんばってほしい。きっとその経験がご自身の人生にいい影響をもたらしてくれるはずだから。そう信じている。追い込まれながらも必死にがんばっている人たちに、もっと手を差し伸べることができる世の中に、、、。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-06-19 04:19 | words
<< 一生、オネエチャン 素直な「ありがとう」よ、いつまでも。 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
メッセージ
words
インフォメーション
旅・出会い
La Grande Roue Web
URL
過去のWords

What's New ---更新情報
以前の記事
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
9月1日よりマーサブログが一..
at 2014-08-31 11:08
「シャキッ」と「グニャッ」と..
at 2014-08-31 05:47
本日オンエアです。
at 2014-08-30 08:06
「新しいから」 ではなく、「..
at 2014-08-30 04:00
「これから何になろうかな?」..
at 2014-08-29 04:23
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

FM KENT 愛の元気人

Mahsaセカンドアルバム Nostalgic Rouge

MahsaオリジナルCD&エッセイ