つれづれなるままに...
by mahsa
Top
「様」「さま」「さん」?どう呼ぶ、呼ばれる?
会社だと、肩書きでお互いを呼ぶ。最近では呼ばないで、「〇〇さん」と呼び合っている会社もある。
電話だと、最初は「〇〇と申しますが、〇〇様いらっしゃいますでしょうか?」と仕事の場面では、丁寧さが求められる。さて、メールの場合は?そのメールの内容にもよるが、社名や部署名、肩書き付きではじまる場合、○○様で始まる場合、〇〇さま・・という場合も最近多く、また時には「〇〇さん」という始まりもある。
相手との関係により、その呼称は変わる。
どれが正しいか、どれがお互い気持ちが通うか、快適か、スマートか・・・いろんな見方があるが、つきあいが浅く、さほど距離が近くないほど、その表現でその人への印象が変わったりする。
出会った当初は「今尾さま」だったのに最近「今尾さん」と書いてくる方がおられ、何があった?何が変わった?とその人が真面目な人だけにとても気になり・・。
まさか、他の人にも仕事の場面でそんな風にしているのかな?と心配にもなり、ついに勇気をもって聞いてみた。するとこのようなお返事・・。
「メールで『さん付け』しているのは、今尾さんだけですよ。どうしても『マーサさん』と呼べなくて、無理して意識して親しみを込めて「今尾さん」と呼んでいましたが、使い方を間違いましたね・・・」と言われて、そうかと頭が下がった。とても親しみを込めて呼ばれていたのだ。上から目線とか、軽くみているとかそんなことでは全然なく、むしろこの方の思いやりであり、配慮であり・・。そこまで考えていてくださったかと申し訳なく思ったのと、その思いを聞けてうれしくも思った。
呼び名は相手が自分をどう見ているかのバロメーターであり、とても大切だ。だから、いずれに手段にせよ、相手を呼ぶときは細心の注意、配慮が必要だ。またひとつ、勉強になった。
さて、どう呼ばれると一番うれしいだろう?そう思って、目の前の相手に接していきたい。ところで、「くん」で呼ばれるのは、ちょっと不快かも。ふと、つい最近そんな風に呼ぶ人と会い、しっくり会話が進まなかったことを思い出した。
たかが呼称、されど呼称。コミュニケーションが始まる一言だから、自分がまず大切にしたい。

[PR]
by mahsa1203 | 2014-06-01 06:14 | words
<< 174時間でできること 「言いづらいこと」を言うのは? >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
メッセージ
words
インフォメーション
旅・出会い
La Grande Roue Web
URL
過去のWords

What's New ---更新情報
以前の記事
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
9月1日よりマーサブログが一..
at 2014-08-31 11:08
「シャキッ」と「グニャッ」と..
at 2014-08-31 05:47
本日オンエアです。
at 2014-08-30 08:06
「新しいから」 ではなく、「..
at 2014-08-30 04:00
「これから何になろうかな?」..
at 2014-08-29 04:23
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

FM KENT 愛の元気人

Mahsaセカンドアルバム Nostalgic Rouge

MahsaオリジナルCD&エッセイ