つれづれなるままに...
by mahsa
Top
ベートーベンに申し訳ない・・
私の初恋の人はベートーベン。それぐらい思っていた。小学校の図書館から、何十回も世界の伝記シリーズからベートーベンの号を借りて、若き日の肖像画のページを枕元に置いて寝るぐらい、本当に好きだった。
もちろんそれは「エリーゼのために」や「トルコ行進曲」や、そして3年生のときだったか父にねだって初めて買ってもらったピアノソナタの影響。そして「運命」・・。子供ながらに知るベートーベンは偉大であるだけでなく、あの若き日の肖像画は本当にハンサムで抱きしめたいものだった。成長するにつれ、ますますベートーベンが好きになる。第九合唱団ももちろん参加しており、あの壮大さに心震え、生への悲しいほどのエナジーを感じた。ピアノソナタで受験を失敗したことはそのときは苦かったが、そのおかげで哲学を学び、シラーやヘーゲルと同年生まれであり、哲学、文学、そして音楽ともに人間の精神を描ける凄いものであることを知ったこともベートーベンのおかげだ。数年前、念願かなって、ボンの生家も訪ねた、何度も行った。そして子供のころに読んだ伝記と現在のボンやケルンの町を想像でつなぎ合わせた・・・。震災後に創った曲はテンペストを織り交ぜた勝手コラボ作・・。耳が聴こえないのに、どうしてどうしてそんな曲がかけたんですか?と生家に展示されている補聴器を見てうなだれた。楽聖と呼ばれるベートーベンは、本当に聖なる存在なのだ。
昨年だったか、車内吊りやテレビで「平成のベートーベン」と言われる作曲家がこの世にいると知り、その時点で不快感を覚えた。ベートーベンが遊ばれているような気がしたのだ。売れるキャッチか何だか知らないけれど、やすやすと付けるな~。と、腹の中がいつも煮えくり返っていた。その人がどんな人からは知らなかったし、興味もなかった。だいたいそういうふうに命名されて平気なんて、どんな大物だ?とも思っていたが、本人の問題だけでなく、周囲、メディアの取り上げ方がコトを大きくしたという点もあるだろう。
ベートーベンにも、耳に障害がある方にも、売れなくても地道に自分で作品を作っている人にも。。。すべての人に失礼な不快なこと。いろんなことを考えさせられる事件。
売れなくても、自分で創り、自分で演奏し、自分で伝えるのが一番気持ちいい。
[PR]
by mahsa1203 | 2014-03-08 05:21 | words
<< カウントダウンは楽しみながら、... 「携帯断食」やってみる? >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
メッセージ
words
インフォメーション
旅・出会い
La Grande Roue Web
URL
過去のWords

What's New ---更新情報
以前の記事
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
9月1日よりマーサブログが一..
at 2014-08-31 11:08
「シャキッ」と「グニャッ」と..
at 2014-08-31 05:47
本日オンエアです。
at 2014-08-30 08:06
「新しいから」 ではなく、「..
at 2014-08-30 04:00
「これから何になろうかな?」..
at 2014-08-29 04:23
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

FM KENT 愛の元気人

Mahsaセカンドアルバム Nostalgic Rouge

MahsaオリジナルCD&エッセイ