つれづれなるままに...
by mahsa
Top
「耳は遠くなっても、音楽は聴こえるよ」
岐阜でのふるさとライブでは、感動的なことがいくつかあった。昨年、おひとりでおいでになり、自宅でCDを聴いていただき、今度はご夫婦でおいでになったというお客様。旦那様は、半身不随で車いすに乗っておいでになった。声にならない声で一生懸命、私に言葉をかけてくださって、演奏終了後は、涙まみれの顔で、一生懸命拍手を送ってくださった。帰り際に握手をさせていただいた、そのときのお顔を今も忘れることができない。奥様、よく旦那さんをお連れいただきました。夫婦の愛をじんわり感じた。
そして、今は亡きわが叔母の旦那さん。血は繋がっていない。おばさんが亡くなったのはもう40年以上前。だからもう縁が切れてもおかしくない関係であるのに、その旦那さんは今年もライブにきてくださった。
「もう、耳が聞こえんであかんわ」と言いながら、ライブ中、じっとじっとじっと、目をそらすことなく、私をみつめ、見守ってくださっていた。遠くに座っているそのおじさんのひたすらに真面目な視線に「おじさんは、何を見ているのだろうか」と気がかりなまま演奏を続ける。
イベント終了後、そのおじさんは「もう耳も聞こえないけど、おかげで82歳。元気に生きているよ。まあ(私の幼少の呼び名)をみとると、すま子(40年前に亡くなったおばさん)を思い出してなあ~。耳、聴こえへんで、何言っているかわからんけど、歌はわかるよ。おまえにまた会いたいし、来年まで元気に生きられたらいいなあ」おじさんは、そう笑って、固い握手をして、帰っていった。おじさんは、そう、私の歌い顔に50年前の愉しい夫婦生活を思い出していたんだ、それから、耳が聞こえなくても聴こえるよと、一生懸命見て聴いていてくれたその真剣な姿に、心が震える。
人は生きている以上、意志がある以上、感じることができ、思い出すことができ、また生きることができる。
二人の紳士の例を挙げさせていただいた、この場面を思い出すと、歩いていても泣けてくる。感動を伝えられる人になりたい、もっともっと。改めて思う。
[PR]
by mahsa1203 | 2013-10-29 03:20 | words
<< 責任をとることは、すぐやめること?? ぎふライブのレポートを公式サイトに >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
メッセージ
words
インフォメーション
旅・出会い
La Grande Roue Web
URL
過去のWords

What's New ---更新情報
以前の記事
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
9月1日よりマーサブログが一..
at 2014-08-31 11:08
「シャキッ」と「グニャッ」と..
at 2014-08-31 05:47
本日オンエアです。
at 2014-08-30 08:06
「新しいから」 ではなく、「..
at 2014-08-30 04:00
「これから何になろうかな?」..
at 2014-08-29 04:23
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

FM KENT 愛の元気人

Mahsaセカンドアルバム Nostalgic Rouge

MahsaオリジナルCD&エッセイ