つれづれなるままに...
by mahsa
Top
「踏み台」に感謝をする
ある方と仕事について、家族について、男女について・・・いずれもある程度、経験を積み、酸いも甘いも・・・がわからないと理解できないような、大人の会話を楽しむ。
いろんな人に出会い、お世話になったり、おつきあいをしたり、ずっと続くこともあれば、途中で終わることもあり、また相手が亡くなるということも珍しくなくなってきて・・・。それでも自分はこうして生きているという、事実を受け止めるとき、いかにいろんな人に囲まれて生きてきたかということ。どんな関係であったとしても、今となれば、すべてありがたい出会いであり、経験。「思えば、いっぱい人を『踏み台』にして生きてきているんですね」という言葉が出た。そうか、『踏み台』というと、一見相手を踏みにじってとか、そんなイメージを抱きがちであるが、そうではなく、生きる足場であったり、世の中にリーチするためのステップだったのだとも思う。
その人がいてくれたから、その方との時間があったからこそ、今の自分があるのだから、どんな人も、だれかを『踏み台』にして生きている。親であることもあるだろうし、先生であることもあるだろう。
自分が一人でここに、こうして立っているわけではない。そのことに気づけば、その数々の踏み台になってくださった方に一生頭が上がらない。そして、自分もきっと誰かの「後で思い出される、いい踏み台」になっていればいい。
[PR]
by mahsa1203 | 2013-09-28 02:17 | words
<< 「切り売り」はしない ときには大きな、「タラ・レバ」 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
メッセージ
words
インフォメーション
旅・出会い
La Grande Roue Web
URL
過去のWords

What's New ---更新情報
以前の記事
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
9月1日よりマーサブログが一..
at 2014-08-31 11:08
「シャキッ」と「グニャッ」と..
at 2014-08-31 05:47
本日オンエアです。
at 2014-08-30 08:06
「新しいから」 ではなく、「..
at 2014-08-30 04:00
「これから何になろうかな?」..
at 2014-08-29 04:23
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

FM KENT 愛の元気人

Mahsaセカンドアルバム Nostalgic Rouge

MahsaオリジナルCD&エッセイ