つれづれなるままに...
by mahsa
Top
如心で生きる 如心に生きる初春
正月は1年のうちでも、静寂を楽しめる貴重な時間である。人混みにいけばそれはなくなるが、静かに町の風景を見たり、庭園を見たり、寺から聞こえる鐘の音色に耳を澄ますのはとても気持ちよい。京都には静寂を楽しめる、そして自分自身と向かい合える素材、空間が無数にある。偶然、ふらふらと歩きながら南禅寺の中にみつけた小さな庭園。京都には庭を売りにしている寺院は多数あるが、東山の真下にこのような場所があったとは。「如心庭」という名前の庭。心を表現する庭だという。言い換えれば、心の如く生きよという意味かもしれない。さて、心を表現するとは何か。自分の内面に沸き起こるものをみつけるにはいろんなものを棄てなければならない。雑音、雑念、さまざまな欲を取り去ったとき、自分の本当の心が見えるのだろうか。そしてそれを客体化できたときに、形に表現できるのであろう。まだまだ薄っぺらな自分にとって、この庭は印象に残る正月の発見であった。その庭は竜安寺のそれのように大きくもなく、本当にひとりひっそり自分と向き合える狭さ。正月なのに人影がないこの庭にて、自分の心を解放し、今年表現したいことを考えてみるのは、なんとも贅沢な時間である。日本にはこのような場所がまだまだある。
a0144517_1611683.jpg

[PR]
by mahsa1203 | 2013-01-04 07:12 | words
<< 引き算を実践する生き方はじめ 財布を大きく開く日 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
メッセージ
words
インフォメーション
旅・出会い
La Grande Roue Web
URL
過去のWords

What's New ---更新情報
以前の記事
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
9月1日よりマーサブログが一..
at 2014-08-31 11:08
「シャキッ」と「グニャッ」と..
at 2014-08-31 05:47
本日オンエアです。
at 2014-08-30 08:06
「新しいから」 ではなく、「..
at 2014-08-30 04:00
「これから何になろうかな?」..
at 2014-08-29 04:23
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

FM KENT 愛の元気人

Mahsaセカンドアルバム Nostalgic Rouge

MahsaオリジナルCD&エッセイ