つれづれなるままに...
by mahsa
Top
「天上大風」を学ぶ
新潟県燕市に幕末から明治にかけて長善館という私塾があった。松下村塾や慶応義塾はきいたことがあったが、長善館とは初めてきいた。この名前をとって燕市役所では市長を塾長として、市役所長善館という名前で、将来を担うやる気のある若手の勉強会をスタートさせており、今回、その勉強会の講師に呼んでいただく。では、その長善館というところも見ておかねば・・・と、タクシーを走らせ、市街にある長善館資料館に足を運ぶ。なんとも手作り感満載の、これまで見たことのない温もりのプチミュージアムである。地元の人間ではないため、そこで学んだ人や先生方がどんな素晴らしい方だったかはわからないが、後生までこの塾の意義を語り続けようと残させていること自体に感動する。そこでみつけた良寛さんのお言葉らしき四文字。この地に30年住んだ良寛さんが子どもの凧に書いてやった文字だそう。
「天上大風」。読み方を館長に聞くと「てんじょうおおかぜ」と読むそうだ。空は何もないように、穏やかに見えているけれども、その上では大きな風が吹き荒れているものだ~。という意味だそう。にこにこしている人でも、心の中は・・・という置き換えも良いだろうか。人生を大きく生きた良寛さんならではの哲学的な名言であると感心した。また、塾の校則も書かれている。「学ぶ前には、手を荒い口をすすぐこと」しつけ、マナー・・・今の日本人が忘れているような基本的な社会ルールをここで学びなおすこともできる。それにしても、仕事でこの塾名に出会ったからこれを知った。仕事のおかげで、新たな学びが増えることはこの上なき喜びだ。それにしても、「長善」[とはいい言葉だ。長く善きことを続けることがあるべき人生である。選挙に燃えている政治家たちにも伝えたいメッセージがある素晴らしい私塾、日本のよき時代から今も学ぶことは大いにある。
a0144517_0495933.jpg

[PR]
by mahsa1203 | 2012-11-29 00:51 | words
<< 正しく判断することが難しい時代に 「気」の使い分けは難しい >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
メッセージ
words
インフォメーション
旅・出会い
La Grande Roue Web
URL
過去のWords

What's New ---更新情報
以前の記事
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
9月1日よりマーサブログが一..
at 2014-08-31 11:08
「シャキッ」と「グニャッ」と..
at 2014-08-31 05:47
本日オンエアです。
at 2014-08-30 08:06
「新しいから」 ではなく、「..
at 2014-08-30 04:00
「これから何になろうかな?」..
at 2014-08-29 04:23
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

FM KENT 愛の元気人

Mahsaセカンドアルバム Nostalgic Rouge

MahsaオリジナルCD&エッセイ