つれづれなるままに...
by mahsa
Top
自家発電できる人になる
共感でき、尊敬する方との時間は自分にとって最上の時間である。その方とは蕎麦屋でお会いするのが通例になってきたので、「あなたのそばサミット」と銘打って、時々お会いするのが楽しい。3時間馬鹿話も含め、交流させていただき、その日のお互いの収穫となったのは「自家発電できる人間になろう、そういう人を増やそう」ということである。お互い、組織やそこに関わる人々を元気にする仕事をしているせいか、今どきの社会、組織、人に対する見方にも共通するところがある。元気がない、うつろである。自分で何かをしようとしていない。他力本願である。・・・本来は能力があるはずなのに発揮されていない・・・悲しい事態が蔓延し、それが日本の不元気につながっている。今、電力含め、エネルギー問題が大きく取り上げられているが、もっとも問われなければならないのは、人自身のエネルギーである。元気ある、意欲に満ちた人には全身にパワーがみなぎり、世の中をも動かす原動力になっていくのである。人自身にエネルギーがないのに、何ができるというのだろう。私は体一つで生きていけるようになりたいが、まだまだであるが、生きる限り自らがパワーを発し続けるよう存在として生きていきたい。以前、「元気のタンク」と呼んでくださった方がおられたが、できればずっとそうありたい。なかなかそうあり続けることは難しいが。生きることは、何かの役に立つということである。だから、エネルギーを発し続けなければ、誰かのエネルギーになることができなければ、存在自体が無意味なのである。これからの講演や講義では、ここをもっと意識して、皆のエネルギーになれる存在に、そしてそれに共感し、元気に自発的に生きていく人を増やしていけたらうれしいと思う。蕎麦サミットは生きるために必要な貴重な議論ができる場である。うれしい。他にも収穫があったが、それは数日前のブログに書いたとおり、拍手をもって送られるような最期を迎えられるよう生きるということだ。
いずれも容易ではない、日々の葛藤をl越えた自分を信じた研鑽、不断の努力なしには得られない。
[PR]
by mahsa1203 | 2012-07-27 00:13 | words
<< ライフモデルとしてのシンデレラ... 会いたい人、会う人の基準を持ち始める >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
メッセージ
words
インフォメーション
旅・出会い
La Grande Roue Web
URL
過去のWords

What's New ---更新情報
以前の記事
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
9月1日よりマーサブログが一..
at 2014-08-31 11:08
「シャキッ」と「グニャッ」と..
at 2014-08-31 05:47
本日オンエアです。
at 2014-08-30 08:06
「新しいから」 ではなく、「..
at 2014-08-30 04:00
「これから何になろうかな?」..
at 2014-08-29 04:23
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

FM KENT 愛の元気人

Mahsaセカンドアルバム Nostalgic Rouge

MahsaオリジナルCD&エッセイ